lp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lp

前のページ 上に戻る 次のページ

lp




解説

     lp は IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 規格で必要とされるプリントスプーラの
     フロントエンドです。実際には lp は、適切な引数をつけて lpr(1) を起動しま
     す。

     通常、 lp は指定されたファイルをターゲットとするプリンタでプリントしま
     す。

     以下のオプションを使用可能です:

     -c      入力ファイルにそれ以上アクセスする必要がなくなるまで lp は終了し
             ません。 lp が終了すると、アプリケーションはプリント出力処理に影
             響を与えることなく、ファイルを安全に削除あるいは修正できます。

     -d dst  特定のプリンタを指定します。コマンドラインに -d オプションが指定
             されない場合、環境変数 LPDEST あるいは PRINTER の値が (この順で)
             用いられます。

     -n num  指定された各ファイルを num 部ずつプリント出力します。

     -o option
             プリンタ固有のオプションです。 SVR との互換性のためだけに提供され
             ているオプションであり、サポートされていません。

     -s      黙って動作します。 Version 2 of the Single UNIX Specification
             (``SUSv2'') との互換性のためだけに提供されているオプションであ
             り、サポートされていません。


環境変数

     上で述べたように、環境変数 LPDEST および PRINTER がターゲットとするプリン
     タを選択するのに用いられます。


関連項目

     lpr(1)


規格

     lp コマンドは IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 規格を満たすと考えられます。


作者

     この lp コマンドの実装は Joerg Wunsch によって作成されました。


バグ

     IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 規格ではテキスト以外のファイルのプリント手
     段が提供されていません。プリントするファイルは、行の長さが妥当で文字も印
     字可能文字に限定されているテキストファイルであることが求められています。

FreeBSD 4.4                    January 22, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス