login(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

login

前のページ 上に戻る 次のページ

login




解説

     login は、指定したユーザでログインするものです。

     user を指定しなかった場合、もしくは指定した user でのログインに失敗したと
     きには、 login は、再度ユーザ名の入力を求めるプロンプトを表示します。ユー
     ザの確認は入力されたパスワードにより行われます。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -f      パスワードによるユーザの確認を省略します。このオプションは、スー
             パーユーザか、すでにログインしているユーザが同じユーザ名で login
             を実行するときのみ指定可能です。

     -h      コネクションを受信可能なホスト名を指定します。この機能は
             telnetd(8) などのデーモンによって使われています。このオプションは
             スーパーユーザしか指定することができません。

     -p      login は、デフォルトでは実行時の環境 (環境変数など) を引き継ぎま
             せんが、このオプションを指定すると、実行時の環境を引き継ぎます。

     もし /var/run/nologin ファイルが存在した場合、 login はそのファイル内容を
     表示してログイン処理をせずに終了します。この機能は shutdown(8) で使用され
     ており、システムの終了処理実行中にユーザがログインしないようにしていま
     す。

     もし /etc/login.access ファイルが存在した場合、 login はそのファイルか
     ら、ユーザとホストの組が特別に許可されている、もしくは拒否されているかど
     うかをチェックします。

     もし /etc/fbtab ファイルが存在した場合、 login はそのファイルに記述された
     幾つかのデバイスのプロテクトと所有者を変えます。

     ファイル /etc/skeykeys が存在する場合、このファイル中にユーザのエントリが
     存在する時には、 login は S/key パスワード認証を行います。
     /etc/skey.access により、接続元のホストやネットワークに応じて S/key パス
     ワード使用の義務を制御します。

     通常、ユーザがログインすると、 login はシステムのコピーライト表示、ユーザ
     が最後にログインした日付と時間、その日のメッセージなどの情報を表示しま
     す。ただし、ユーザのホームディレクトリに ``.hushlogin'' というファイルが
     存在した場合は、これらのメッセージを表示しないようにします (これは
     uucp(1) のようなプログラムがユーザとしてログインするためにあります)。この
     あと、 loginwtmp(5)utmp(5) ファイルに記録し、ユーザのコマンドイン
     タプリタ (シェル) を起動します。

     なお、環境変数 ( environ(7)) HOME, SHELL, PATH, TERM, LOGNAME, USER は
     login によりセットされます。他の環境変数はログインクラスケーパビリティデ
     ータベースのエントリにより設定されるかも知れません。ログインクラスはユー
     ザのシステムパスワードレコードに割り当てられています。ログインクラスは、
     当該ログインに許された最大および現在の資源制約、プロセス優先度や他の多く
     のユーザログイン環境を制御します。
     /var/log/lastlog   最後にログインした記録 last login account records
     /var/log/wtmp      ログイン・ログアウト状況
     /var/mail/user     ユーザごとのメイルボックス
     .hushlogin         ログインメッセージを抑止するファイル
     /etc/auth.conf     認証サービスの設定
     /etc/pam.conf      login が PAM サポート付きで設定されている場合、サービ
                        ス名 ``login'' で /etc/pam.conf エントリを見ます


関連項目

     builtin(1), chpass(1), csh(1), passwd(1), rlogin(1), skey(1), getpass(3),
     fbtab(5), login.access(5), login.conf(5), nologin(5), skey.access(5),
     utmp(5), environ(7), nologin(8), pam(8)


歴史

     login ユーティリティは Version 6 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                       May 5, 1994                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス