lock(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lock

前のページ 上に戻る 次のページ

lock




解説

     lock はユーザにパスワードを要求し、確認のためにもう一度パスワードを聞きま
     す。以降そのパスワードがもう一度入力されるまで、このプログラムはその端末
     を占有して利用できない状態にします。このプログラムを終了するには、その他
     に二つの方法があります: ひとつは決められた時間まで待ってタイムアウトさせ
     る方法、もうひとつは権限を持つユーザがそのプロセスを kill するという方法
     です。

     オプションは以下のものがあります:

     -n          タイムアウト値を使用しません。端末を永遠にロックします。

     -p          設定時にパスワードが要求されず、代りにユーザの現行のパスワー
                 ドが使われます。

     -t timeout  タイムリミットを timeout 分に変更します (デフォルトは 15
                 分)。


歴史

     lock コマンドは 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス