loadfont(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

loadfont

前のページ 上に戻る 次のページ

loadfont


     loadfont [-c charsetno] [-d devicefile] [-f fontfilename] [-i]


解説

     loadfont ユーティリティは、 EGA 及び VGA ボード上の pcvt VT220 ドライバが
     正しく動作するために必要なフォントを、これらのボード上にロードします。

     オプションは以下の通りです。

     -c      フォントのロード先スロットを指定します。フォントのダウンロード用
             に、EGA ボードは 4つ、VGA ボードは 8つのスロットを持っています。

     -d      用いるデバイスファイルを指定します。

     -f      ダウンロードするフォントを格納しているファイルを指定します。

     -i      現在、どのスロットにどういうタイプのフォントがロードされているか
             を表示します。これはコマンドラインオプションが全く指定されていな
             い場合のデフォルト動作でもあります。

     このユーティリティは EGA 及び VGA ボードに対してのみ利用可能です。 MDA,
     HCG 及び CGA ボードは文字セットをダウンロードする機能を持っていません。


関連ファイル

     配布される pcvt パッケージには以下のフォントファイルが付属しています。

     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220l.808:   8x8  IBM II フォント
     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220h.808:   8x8  拡張フォント
     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220l.810:   8x10 IBM II フォント
     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220h.810:   8x10 拡張フォント
     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220l.814:   8x14 IBM II フォント
     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220h.814:   8x14 拡張フォント
     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220l.816:   8x16 IBM II フォント
     /usr/share/misc/pcvtfonts/vt220h.816:   8x16 拡張フォント


使用例

     次のコマンドライン ``loadfont -c0
     -f/usr/share/misc/pcvtfonts/vt220l.816'' は標準 IBM 文字セット II を含む
     8x16 フォントを VGA あるいは EGA ボードのスロット 0 にロードします。


バグ

     既知のバグはありません。


関連項目

     cursor(1), scon(1), pcvt(4), ispcvt(8)


日本語訳

     酒井 淳嗣(sakai@csl.cl.nec.co.jp): FreeBSD 向けに翻訳

FreeBSD                          April 4, 1995                         FreeBSD

ABELNET VPSサービス