lkbib(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lkbib

前のページ 上に戻る 次のページ

lkbib



書式

       lkbib [ -v ] [ -ifields ] [ -pfilename ] [ -tn ] key...

       コマンドラインオプションとパラメータの間に、空白を置くこと
       が可能です。


解説

       lkbib B>はB>、 key...  で指定されたキーを用いて文献目録デー タ
       ベ ー ス を 検索し、参考文献の形式で標準出力に出力します。
       lkbib はまず -p オプションで指定されたすべてのデータベース
       を検索し、それからデフォルトのデータベースを検索します。デ
       フォルトのデータベースには、環境変数 REFER が設定されて い
       れ  ば  そ  れ  が、  設  定  さ  れ  て  い  な  け れ ば
       /usr/share/dict/papers/Ind が用いられます。指定したデー タ
       ベ ー スファイル名 filename に対応したインデックスファイル
       filename.i ( indxbib(1) により作成される ) が存在すれ ば、
       それが検索されます。インデックスは、複数のデータベースを網
       羅している可能性があります。


オプション

       -v     バージョン番号を表示します。

       -pfilename
              filename を検索します。複数の -p オプションの指定が
              可能です。

       -istring
              イ ン デッ ク ス を持たないファイルを検索する場合、
              string に含まれる名前のフィールドの内容を無視 し ま
              す。

       -tn    キーの先頭 n 文字が指定されればよいものとして扱いま
              す。 n の初期値は 6 です。


環境変数

       REFER  デフォルトデータベース


関連ファイル

       /usr/share/dict/papers/Ind  環境変数 REFER が設定されて い
                                   ない場合のデフォルトのデータベ
                                   ース名。 filename.i インデック
                                   スファイル。


関連項目

       refer(1), lookbib(1), indxbib(1)



Groff Version 1.17.2      6 August 2001                  LKBIB(1)

ABELNET VPSサービス