lha(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lha

前のページ 上に戻る 次のページ

lha



SYNOPSIS 形式

       lha key [ modifiers ] archive_file [ flie ... ]
       lha archive_file


DESCRIPTION 解説

       LHa は効率の高い圧縮機能を持つファイルアーカイバです。
       key  に機能文字を指定し、file の追加、更新、抽出、削除、一
       覧表示などを行ないます。引数に archive_file のみを指定した
       場 合には、機能文字に l を指定したのと同等の動作を行ないま
       す。
       機能文字は以下の通りです。

       a       追加。file を archive_file に追加します。 file  が
               ディ レ クトリであれば、そのディレクトリに含まれる
               ファイルをすべて追加します。

       u       更新。file が archive_file に格納されていない か、
               も し く は 格 納されているものが古ければ、file を
               archive_file に追加します。

       l B>まB>たB>は v
               一覧表示。archive_file に格納されている file の 情
               報 を 一 覧 表 示 し ま す。file  の指定がなければ
               archive_file 内の全てのファイルの情報を表 示 し ま
               す。  v  を指定すると l よりも詳しい情報を表示しま
               す。

       x B>まB>たB>は e
               抽出。archive_file から file を抽出します。file の
               指定がなければ archive_file 内の全てのファイルを抽
               出します。抽出すべきファイルがすでに存在している場
               合 に は、重ね書きしていいかの問い合わせを行ないま
               す。

       p       内容表示。archive_file から file の内容を 取 り 出
               し、 標 準 出力へと出力します。file の指定がなけれ
               ば、全ての内容を出力します。

       d       削除。archive_file から file を削除します。

       m       移動。file を archive_file に追加した後、file を削
               除します。これは、key に a を、modifiers に d を指
               定した時と同じ動作を行ないます。

       c       新規作成。archive_file を新たに作成し、file を追加
               します。

       機能変更文字 modifiers を指定することによって key の動作の
       詳細を変更することができます。modifiers は、以下の中から複
       数指定することができます。


       v       表示の冗長化。表示するメッセージを冗長にします。

       n       実行しない。実際の更新や抽出の動作を行ないません。
               実行内容の確認のために用意されています。

       f       強制的な実行。ファイルの抽出時に、存在するファイル
               の削除確認を行なわず強制的に削除を行ないます。

       t       テキストモードによる格納,抽出。アーカイブファイ ル
               へのファイルの格納時には、 UNIX から MS-DOS への改
               行コード変換を行ないます。ファイルの抽出時に は 逆
               に、MS-DOS  から UNIX への改行コード変換を行ないま
               す。

       o{num}  LHarc 互換アーカイブの生成、または圧縮アルゴリズム
               を 指定する。機能文字 a, u, m と共に指定し、抽出時
               には無視されます。

                      o LHarc B>互B>換B>アB>ーB>カB>イB>ブB>のB>生B>成B>をB>行B>うB>。

                      古い形式のアーカイブを生成します。圧縮ア ル
                      ゴリズムは-lh1-を使用します。

               o5 B>圧B>縮B>アB>ルB>ゴB>リB>ズB>ムB>に -lh5- B>をB>使B>用B>すB>るB>。

               o6 B>圧B>縮B>アB>ルB>ゴB>リB>ズB>ムB>に -lh6- B>をB>使B>用B>すB>るB>。

               LHAの種類によっては、-lh6-で生成されたアーカイブは
               抽出できない恐れがあるので、アーカイブを配布する際
               に は 注 意 してください。 MSDOS版の正規配布版では
               -lh6- の生成は行いません。また、MSDOS版  LHA  ver-
               sion  2.5x 以降のバージョンでは -lh6- の抽出のみで
               きます。

       w=</dir>
               格納および抽出時のワーク用ディレクトリ指定。デフォ
               ルトでは、/tmp ですが、/tmp の大きさ以上のファイル
               を格納する際には必要です。

       d       ファイル格納後のファイルの削除。機能文字 a, もしく
               は  u と共に用い、アーカイブファイルへのファイルの
               格納の後にファイルを削除します。 u に付加 し た 場
               合、アーカイブファイルの内容の方が新しい時にファイ
               ルが格納されずに削除されることになるので注意して下
               さい。

       i       抽出時のディレクトリ名の無効化。抽出時にディレクト
               リ名を無効にします。

       z       非圧縮格納。アーカイブへのファイルの格納時に圧縮を
               行ないません。すでに圧縮を行なっていて圧縮効率を望
               めない場合などに使用します。抽出時には無視さ れ ま

       archive_file- と書くことによって、アーカイブファイルを
       標準入出力にすることが可能です。 tar(1) のように、アーカイ
       ブの作成、更新時には標準出力に、アーカイブからのファイルの
       抽出時には標準入力になります。

       抽出時に archive_file が存在しない時にはサフィックス  .lzh
       をファイル名の後ろに付加して抽出を試みます。
       特に規定はありませんが、運用上サフィックスとして .lzh を用
       いるのが望ましいと思います。日本以外では .lha を使用してい
       るケースがあるそうですので、適宜調整して下さい。:-)
       サフィックスが com もしくは .exe の場合には、MS-DOS 版で作
       成された SFX(自己展開機能付きの圧縮ファイル) 形式かどう か
       をチェックし、対応します。
       サ フィッ クスが .x の場合には、日本製 SHARP X68000 の OS,
       Human68k 版で作成された SFX 形式かどうかをチェックし対応し
       ます。
       SFX 形式のアーカイブファイルに対して追加や削除を行った場合
       には、サフィックスを .lzh に変更し、SFX の情報を削除 し ま
       す。



FILES ファイル

       *.lzh          - LHa/LHarc アーカイブファイル
       *.bak          - バックアップファイル
       /tmp/lh*       - テンポラリファイル
       *.com *.exe    - MS-DOS SFX ファイル
       *.x            - Human68k SFX ファイル



SEE ALSO 関連項目

       tar(1), ar(1), compress(1)


DISTRIBUTION 再配布について

       以下の条件で、再配布、転載、改変を許可します。

       1.     著作権表示を削除しないこと。

       2.     配布内容については、

              a.      配 布 の際に存在する内容(すなわちソースコー
                     ド、ドキュメント、プログラマーへの手引 き な
                     ど) が 再 配布されたものの中に必ず存在するこ
                     と。改変されているならば、それを明示し た ド
                     キュメントを用意すること。

              b.     LHa に対する付加価値が付けられて再配布される
                     場合にはそれらもできるだけ含めるよう努力する
                     こと。また、その際には付加価値が付けられてい
                     ることを明示したドキュメントを用意すること。

              c.      バイナリのみの配布は許されない。(付加価値の
                     ものも含む)

       6.     このプログラムの一部、または全部を他のプログラム に
              組 み込んで利用してもかまわない。この場合、そのプロ
              グラムは LHa ではなく、 LHa と名乗ってはいけない。

       7.     商利用に関しては、上記の条件に加え、下記の条件の も
              とにこれを認める。

              a.      こ のプログラムをメインとする商利用は禁止す
                     る。

              b.     商利用の相手がこのプログラムの使用者として不
                     適切と判断した場合には配布しない。

              c.     インストールの手段として使用する場合、このプ
                     ログラムを使うことを相手に強制しない。この場
                     合、商利用者が作業を行う。また、そのときの損
                     害は、商利用者が全責任を負う。

              d.     商利用を付加価値として行いこのプログラムを使
                     用する場合、商利用者は、そのサポートを行う。



最後に(From Y.Tagawa)

       LZHUF 法の基礎となった LZARI 法を発表してくださった奥村 晴
       彦氏、それを NIFTY-Serve に紹介し、また、LArc の作者でもあ
       る三木和彦氏、また、これらの要因から LZHUF 法及 び、MS-DOS
       版 LHarc を作成した吉崎栄泰氏、LHarc UNIX の開発に協力した
       人達、こころよくメッセージの橋渡しをしてくれた 石 崎 一 明
       氏(MIX  ID:k.ishi)、また、いろいろなレポートをくれたみなさ
       ん、それを中継してくださった森公一郎氏 (MIX ID:kmori)に 感
       謝します。



最後に(From Masaru Oki)

       上 記 の 方 々 は も ち ろん、加えて LHarc UNIX を作成した
       Y.Tagawa 氏、それを OSK に移植し吉崎氏の LHx のアルゴリ ズ
       ム を組み込んだ H.S 氏、 JUNET の LHa for UNIX MailingList
       にて協力してくださったみなさんに感謝致します。


最後に(From Nobutaka Watazaki)

       このプログラムの作成にかかわった方々、さらにここま で  LHa
       を仕上げてくださった 沖勝氏に感謝致します。



                         January 14,1997                   LHA(N)

ABELNET VPSサービス