lesskey(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lesskey

前のページ 上に戻る 次のページ

lesskey



書式

       lesskey [-o output] [--] [input]
       lesskey [--output=output] [--] [input]
       lesskey -V
       lesskey --version


解説

       lesskeyless で使われるキー割り当てのセットを指定するた
       めに使われます。入力ファイルはキー割り当てを記述したテキス
       ト ファイルです。入力ファイルが "-" のときは、標準入力が読
       み込まれます。入力ファイルが何も指定されない場合は、使用し
       ているシステムに応じた標準のファイル名が入力ファイルの名前
       として使用されます: Unix システムでは $HOME/.lesskey  が、
       MS-DOS  システムでは $HOME/_lesskey が、 OS/2 システムでは
       $HOME/lesskey.ini または $HOME が定義されて な い 場 合 は
       $INIT/lesskey.ini が使用されます。出力ファイルは less で使
       われるバイナリファイルです。出力ファイルが何も指定されてお
       らず、環境変数 LESSKEY が設定されている場合は、 LESSKEY の
       値が出力ファイルの名前として使われます。そうでない場合は、
       使用しているシステムに応じた標準のファイル名が出力ファイル
       の名前として使われます: Unix  と  OS-9   シ ス テ ム で は
       $HOME/.less が、 MS-DOS システムでは $HOME/_less が、 OS/2
       システムでは $HOME/less.ini または $HOME が定義されない 場
       合は $INIT/less.ini が使用されます。出力ファイルが既に存在
       する場合は、 lesskey は上書きします。

       -V または --version オプションは、 lesskey にバージョン 番
       号 を表示してすぐに終了させます。 -V または --version があ
       る場合は、他のオプションと引き数は無視されます。

       入力ファイルは、1 つ以上の セクションから構成されます。 各
       セクションは、セクションのタイプを明らかにする行から始まり
       ます。指定できるセクションは次の通りです:

       #command
              新しいコマンドキーを定義します。

       #line-edit
              新しい行編集キーを定義します。

       #env   環境変数を定義します。

       空白行と、特別なセクションヘッダ行を除いたシャープ符号 (#)
       から始まる行は無視されます。



コマンドセクション

       コマンドセクションは次の行から始まります。

       #command

       コマンドセクションがファイル中で最初のセクションである場合

       \b     BACKSPACE

       \e     ESCAPE

       \n     NEWLINE

       \r     RETURN

       \t     TAB

       \ku    UP ARROW

       \kd    DOWN ARROW

       \kr    RIGHT ARROW

       \kl    LEFT ARROW

       \kU    PAGE UP

       \kD    PAGE DOWN

       \kh    HOME

       \ke    END

       \kx    DELETE

       バックスラッシュの後に続く上に挙げた以外の文字は、その文字
       が特殊文字としてでなく、文字通りに使われることを意味してい
       ます。バックスラッシュを前に置かなければならない文字には、
       キャレット、スペース、タブ、そしてバックスラッシュ自身が含
       まれます。

       アクションの後には「追加の」文字列 (extra-string) が続くこ
       とがあります。 less を実行している際にそのようなコマンドが
       入力されると、アクションが実行された後、 less に入力された
       かのように追加の文字列が解釈されます。この機能を用いてコマ
       ン ドの機能を拡張することができます。下の "{" と ":t" コマ
       ンドの例を参照してください。 "quit" アクションに対する追加
       の 文字列は特別な意味を持っています: less が終了するとき、
       追加の文字列の最初の 1 文字が終了ステータスとして使われ ま
       す。



使用例

       以 下の入力ファイルは、less で使われるデフォルトのコマンド
       キーのセットを記述しています:

            #command
            \r        forw-line
            d         forw-scroll
            ^D        forw-scroll
            u         back-scroll
            ^U        back-scroll
            \40  forw-screen
            f         forw-screen
            ^F        forw-screen
            ^V        forw-screen
            \kD  forw-screen
            b         back-screen
            ^B        back-screen
            \ev       back-screen
            \kU  back-screen
            z         forw-window
            w         back-window
            \e\40          forw-screen-force
            F         forw-forever
            R         repaint-flush
            r         repaint
            ^R        repaint
            ^L        repaint
            \eu       undo-hilite
            g         goto-line
            <         goto-line
            \e<       goto-line
            p         percent
            %         percent
            \e[       left-scroll
            \e]       right-scroll
            \e(       left-scroll
            \e)       right-scroll
            {         forw-bracket {}
            }         back-bracket {}
            (         forw-bracket ()
            )         back-bracket ()
            [         forw-bracket []
            ]         back-bracket []
            \e^F      forw-bracket
            \e^B      back-bracket
            G         goto-end
            \e>       goto-end
            >         goto-end
            =         status
            ^G        status
            :f        status
            /         forw-search
            ?         back-search
            \e/       forw-search *
            \e?       back-search *
            n         repeat-search
            \en       repeat-search-all
            N         reverse-search
            |         pipe
            v         visual
            !         shell
            +         firstcmd
            H         help
            h         help
            V         version
            0         digit
            1         digit
            2         digit
            3         digit
            4         digit
            5         digit
            6         digit
            7         digit
            8         digit
            9         digit
            q         quit
            Q         quit
            :q        quit
            :Q        quit
            ZZ        quit



優先

       lesskey で指定されたコマンドは、デフォルトのコマンドよりも
       優 先 されます。デフォルトのコマンドキーは、"invalid" アク
       ションが指定されて入力ファイルに含まれた場合は、無効化され
       ま す。あるいは、"noaction" アクションが指定された場合は、
       そのキーは何もしないと定 義 さ れ ま す。  "noaction"   は
       "invalid" と似ていますが、 less は、"invalid" なコマンドに
       はエラービープ音を鳴らしますが、 "noaction" なコマンドには
       鳴らしません。さらに、次の制御行を入力ファイルに加えること
       により、全てのデフォルトのコマンドを無効化できます:

       #stop

       これにより、全てのデフォルトコマンドは無視されます。 #stop
       行は、ファイル中の当該セクションの最後の行に置く必要があり
       ます。

       #stop は危険を伴うことに気をつけてください。全てのデフォル
       トコマンドが無効になるため、必要な全てのアクションを有効に
       するために #stop 行の前に十分なコマンドを与える必要があ り
       ます。例えば "quit" コマンドを与え忘れると、失敗するでしょ
       う。



行編集セクション

       行編集セクションは次の行で始まります:

       #line-edit
            \e\t      back-complete
            ^L        expand
            ^V        literal
            ^A        literal
            \el       right
            \kr       right
            \eh       left
            \kl       left
            \eb       word-left
            \e\kl     word-left
            \ew       word-right
            \e\kr     word-right
            \ei       insert
            \ex       delete
            \kx       delete
            \eX       word-delete
            \ekx      word-delete
            \e\b      word-backspace
            \e0       home
            \kh       home
            \e$       end
            \ke       end
            \ek       up
            \ku       up
            \ej       down




LESS 環境変数セクション

       環境変数セクションは次の行から始まります:

       #env

       この行の後には、環境変数割り当てのリストが続きます。 各 行
       は、環境変数名、等号 (=)、環境変数に割り当てる値で構成され
       ます。等号の前後の空白は無視されます。この方法で割り当てら
       れる変数は、 less にしか見えません。ある変数がシステム環境
       と、さらに lesskey ファイルでも指定 さ れ て い る 場 合、
       lesskey  ファイルでの値が優先されます。 lesskey ファイルは
       環境で設定されている変数を上書きする用途に使用することもで
       き ますが、 lesskey ファイルで変数を割り当てる主な目的は、
       単に less の全ての設定情報を 1 つのファイルに保存するこ と
       です。



使用例

       以下の入力ファイルは、 less の実行時に常に -i オプションを
       設定し、文字集合を "latin1" にするように指定しています:

            #env
            LESS = -i
            LESSCHARSET = latin1

       で始まる文字列を送ります。この NUL 文字は、lesskey ファ イ
       ルでは \340 と表記する必要があります。



COPYRIGHT

       Copyright (C) 2000  Mark Nudelman

       lesskey  is  part of the GNU project and is free software;
       you can redistribute it and/or modify it under  the  terms
       of the GNU General Public License as published by the Free
       Software Foundation; either version 2, or (at your option)
       any later version.

       lesskey is distributed in the hope that it will be useful,
       but WITHOUT ANY WARRANTY; without even  the  implied  war-
       ranty  of MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PUR-
       POSE.   See  the  GNU  General  Public  License  for  more
       details.

       You  should have received a copy of the GNU General Public
       License along with lesskey; see the file COPYING.  If not,
       write  to  the  Free Software Foundation, 59 Temple Place,
       Suite 330, Boston, MA  02111-1307, USA.



作者

       Mark Nudelman <marknu@flash.net>
       バグ報告やコメントは上記のアドレスまたは  bug-less@gnu.org
       へ送ってください。



                     Version 358: 08 Jul 2000          LESSKEY(1)

ABELNET VPSサービス