leave(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

leave

前のページ 上に戻る 次のページ

leave




解説

     leave は指定した時刻が来るまで待ち、出発すべきことを思い出させます。指定
     した時刻の 5 分前と 1 分前、その時間にお知らせが届き、その後は、 1 分毎に
     お知らせが届きます。あなたがログオフした場合には、 leave は次のメッセージ
     を出す前に終了します。

     次のオプションを利用可能です:

     hhmm    hhmm 形式での時刻の指定です。 hh は (12 時間形式もしくは 24 時間
             形式での) 時間の指定で、 mm は分の指定です。全ての時刻は 12 時間
             形式に変換され、次の 12 時間以内が仮定されます。

     +       もし、時刻が `+', の形式で指定された場合、現在から指定された時間
             と分が経過した時にお知らせが届きます。

     引数が与えられなかった時は、 leave は "When do you have to leave?" と尋ね
     ます。改行の入力は、 leave を終了し、それ以外の場合は時刻が入力されたもの
     と仮定します。この形式は、 .login.profile に記述しておくのに適してい
     ます。

     leave を終了したい場合は、ログオフするか、 `kill -KILL' をプロセスに送ら
     ねばなりません。


関連項目

     calendar(1)


歴史

     leave コマンドは 3.0BSD から導入されました。

FreeBSD 4.4                     April 28, 1995                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス