ldd(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ldd

前のページ 上に戻る 次のページ

ldd




解説

     ldd は、指定されたプログラムを実行するために必要なすべての共有オブジェク
     トを表示します。 nm(1) とは異なり、共有オブジェクトが更に別の共有オブジェ
     クトを必要としているような ``間接'' 依存にも対応しています。

     0 、 1 、あるいは 2 つの -f オプションが使用できます。その引数は、
     rtld(1) に渡されるフォーマット文字列であり、 ldd の出力をカスタマイズしま
     す。使用できる変換文字のリストは rtld(1) を見てください。

     -v オプションは、実行プログラム中の符号化されたダイナミックリンクヘッダの
     冗長なリストを表示します。各フィールドの意味についてはソースコードとイン
     クルードファイルを見てください。


関連項目

     ld(1), nm(1), rtld(1)


歴史

     ldd は SunOS 4.0 で最初に登場し、 FreeBSD 1.1 で現在の形になりました。

     -v のサポートは、 John Polstra <jdp@polstra.com> によって書かれたコードに
     基づいています。

FreeBSD 4.4                    October 22, 1993                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス