lastcomm(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lastcomm

前のページ 上に戻る 次のページ

lastcomm




解説

     lastcomm は、以前に実行されたコマンドの情報を表示します。引数がないとき
     は、現在のアカウント情報ファイルが存在している間に実行されたすべてのコマ
     ンドの記録を表示します。

     以下のオプションを使用可能です:

     -E         プロセスが終了した時刻を表示します。
     -S         プロセスが開始した時刻を表示します。
     -c         プロセスが使用した CPU 時間を表示します。
     -e         プロセスが経過した時間を表示します。
     -s         プロセスが使用したシステム時間を表示します。
     -u         プロセスが使用したユーザ時間を表示します。
     -f file    デフォルトの /var/account/acct のかわりに file を読み込みま
                す。

     オプションが指定されない場合には -cS が仮定されます。 lastcomm が引数付き
     で呼ばれたときは、引数で与えられた command, user, terminal にマッチする情
     報を表示します。たとえば:

           lastcomm a.out root ttyd0

     では、 a.out というコマンド名か、 root というユーザか、 ttyd0 というター
     ミナルで実行されたコマンド全てのリストが出力されます。

     表示される情報は、次のようなものです。

           o   ユーザが実行したプロセスの名前
           o   システムのアカウント機能によってつけられるフラグ
           o   コマンドを実行したユーザ名
           o   コマンドを実行した端末名
           o   プロセスが使用した CPU (-c) または実 (-e) またはシステム (-s)
               またはユーザ (-u) 時間の合計 (秒)
           o   プロセスが開始 (-S) または終了 (-E) した時刻

     フラグには次のようなものがあります: ``S'' コマンドはスーパユーザによって
     実行されました。 ``F'' コマンドが fork(2) を行いましたが、その後、
     exec(3) を行っていません。 ``D'' コマンドが core ファイルを生成して終了し
     ました。 ``X'' コマンドがシグナルで終了しました。


関連ファイル

     /var/account/acct  デフォルトのアカウント情報ファイル


関連項目

     last(1), sigvec(2), acct(5), core(5)


歴史

     lastcomm コマンドは 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                   September 18, 1996                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス