lam(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lam

前のページ 上に戻る 次のページ

lam


     lam [-p min.max] [-s sepstring] [-t c] file ...


解説

     lam は指定されたファイルを並べてコピーし、標準出力に出力します。各入力
     ファイル filen 行目は、出力の n 行目を構成する要素と見なされ、結合さ
     れます。 `-' というファイル名は標準入力と見なされ、繰り返し指定することも
     できます。

     通常、各オプションはその直後の file に対してのみ有効です。オプション文字
     が大文字で指定されれば、再び大文字になっていないオプションが現れるまで、
     後続する全てのファイルに対して適用されます。オプションは以下の通りです。

     -f min.max
             行の構成要素をフォーマット文字列 min.max に従って出力します。ここ
             で min は最小フィールド幅、 max は最大フィールド幅です。もし min
             がゼロで始まっていれば、フィールド幅を満たすためにゼロが付加され
             ます。もし min が `-' で始まっていれば、その要素はフィールド内で
             左詰めされます。

     -p min.max
             -f と同様ですが、このファイルが EOF に達したにもかかわらず他の
             ファイルがまだ残っていれば、このファイルのフィールドをパディング
             します。

     -s sepstring
             次のファイルからの行要素を表示する前に sepstring を表示します。こ
             のオプションは最終ファイルの後に指定することもできます。

     -t c    入力ファイルの行の終端文字として、改行文字に代えて、 c を用いま
             す。省略された各出力行には、通常、改行文字が追加されます。

     複数ファイルを並べて表示する簡便な方法については pr(1) を参照して下さい。


使用例

     次のコマンド

     lam file1 file2 file3 file4

     は4つのファイルを各々行毎に結合します。 4つの異なるファイルの行をマージす
     るには、以下のコマンドを用います。

     lam file1 -S "\
     " file2 file3 file4

     1つのファイルの行を1行おきに結合するには、以下のコマンドを用います。

     lam - - < file

     `@' で示された部分を置換して letter を作成するには、以下のコマンドを用い
     ます。

     lam -t @ letter changes

ABELNET VPSサービス