killall(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

killall

前のページ 上に戻る 次のページ

killall


             [-c procname] [-SIGNAL] [procname ...]


解説

     killall は、 kill(1) がプロセス id で指定されるプロセスにシグナルを送るの
     に対して、名前で指定されるプロセスにシグナルをおくります。デフォルトで
     は、 TERM シグナルを、 killall 実行者と同じ実効 UID を持つ、 procname に
     名前が一致する全てのプロセスに送ります。スーパユーザはどんなプロセスにた
     いしてもシグナルを送ることができます。

     以下のようなオプションがあります。

           -d | -v     これから、行おうとすることをより冗長に報告します。一つ
                       の -d オプションによって、シグナルを送ろうとするプロセ
                       スの一覧が表示されるか、一つも一致するプロセスが見付か
                       らなかったことが示されます。

           -h | -?

           -help       コマンドの使い方のヘルプを表示し、終了します。

           -l          kill(1) の様に利用可能なシグナルの名前の一覧を表示し、
                       終了します。

           -m          引数 procname を ( 大文字小文字を区別しない ) 正規表現
                       として、得られた名前に対して対応を取ります。注意! 一つ
                       のドット (.) は、呼び出しユーザと同一の実効 UID を持つ
                       全てのプロセスに一致し、危険です。

           -s          何が行われるのかだけを表示し、シグナルは送られません。

           -SIGNAL     デフォルトの TERM とは違うシグナルを送ります。シグナル
                       は、 (頭に SIG を付けても付けなくても良い) 名前もしくは
                       数字で指定します。

           -u user     潜在的に対応するプロセスを、指定した user に属するもの
                       に限定します。

           -t tty      潜在的に対応するプロセスを、指定した tty で動作するもの
                       に限定します。

           -c procname
                       -u または -t のフラグと共に使用されたとき、潜在的に対応
                       するプロセスを、指定した progname に限定します。


全てのプロセス

     uid が XYZ である全てのプロセスに対してシグナルを送る動作は、 kill(1) で
     既にサポートされています。したがって、このような仕事を行うためには
     kill(1) を使ってください(たとえば、 $ kill -TERM -1 もしくは、 root に
     なって、 $ echo kill -TERM -1 |su -m <user> で可能です。)。


診断

     killall コマンドは、コマンドエラーが起こった場合は、短い利用法のメッセー
     killall プログラムは、 Wolfram Schneider によって提供されました。このマ
     ニュアルページは An Joerg Wunsch によって書かれました。現在のバージョンの
     killall は、 Peter Wemm が sysctl(3) を使った C で書き直しました。

FreeBSD 2.2                      June 25, 1995                     FreeBSD 2.2

ABELNET VPSサービス