kill(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

kill

前のページ 上に戻る 次のページ

kill


     kill -l [exit_status]
     kill -signal_name pid ...
     kill -signal_number pid ...


解説

     kill は、 pid で指定されたプロセス番号のプロセスに対しシグナルを送りま
     す。

     他のユーザのプロセスにシグナルを送ることができるのは、スーパユーザだけで
     す。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -s signal_name
             デフォルトの TERM シグナルのかわりに、シンボルによるシグナル名で
             指定したシグナルを送ります。

     -l [exit_status]
             オペランドを指定しない場合、シグナル名をリストします; オペランド
             を指定する場合、 exit_status に対応するシグナル名を表示します。

     -signal_name
             デフォルトの TERM シグナルのかわりに、シンボルによるシグナル名で
             指定したシグナルを送ります。

     -signal_number
             負でない整数値を指定すると、デフォルトの TERM シグナルのかわり
             に、その番号のシグナルを送ります。

     以下のプロセス番号には特別な意味があります:
     -1      スーパユーザの場合、全てのプロセスに対しシグナルを放送します; そ
             うでない場合、そのユーザの全てのプロセスに対しシグナルを放送しま
             す。

     主なシグナル番号とシグナル名は次のとおりです:
     1       HUP (hang up)
     2       INT (interrupt)
     3       QUIT (quit)
     6       ABRT (abort)
     9       KILL (non-catchable, non-ignorable kill)
     14      ALRM (alarm clock)
     15      TERM (software termination signal)

     シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの kill コマ
     ンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照して
     ください。


関連項目

     builtin(1), csh(1), killall(1), ps(1), kill(2), sigaction(2)


規格

     kill の機能は IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 互換であることが期待されてい

ABELNET VPSサービス