keylogout(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

keylogout

前のページ 上に戻る 次のページ

keylogout




解説

     keylogout は、鍵サーバプロセス keyserv(8) が格納している鍵を削除します。
     この鍵は、NFS などの安全なネットワークサービスが使用します。これ以降の鍵
     へのアクセスは禁止されますが、現在のセッション鍵は期限切れまたはリフレッ
     シュされるまで、有効なままです。このオプションは、安全な RPC サービスを必
     要とするバックグラウンドジョブを失敗させ、鍵を必要とする予定された at
     ジョブを失敗させます。また、鍵のコピーはマシン 1 台につき 1 つだけですの
     で、 .logout ファイルにこれを置くのは良くない考えです。なぜなら、同一マシ
     ン上の他のセッションに影響があるからです。


オプション

     -f      ルート鍵 (rootkey) を忘れます。サーバで実行すると、安全な NFS を
             破綻させます。


関連項目

     chkey(1), keylogin(1), login(1), publickey(5), keyserv(8), newkey(8)

FreeBSD 4.4                     April 15, 1989                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス