kdump(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

kdump

前のページ 上に戻る 次のページ

kdump




解説

     kdump は、 ktrace(1) が作成したカーネルトレースファイルを可読形式で表示し
     ます。デフォルトでは、カレントディレクトリにある ktrace.out ファイルを変
     換して表示します。

     オプションとしては、以下のものがあります:

     -d          すべての数値を 10 進数で表示します。

     -f file     ktrace.out のかわりに、指定したファイルを変換して表示します。

     -l          トレースファイルを何度も読みます。いったん EOF に達すると、新
                 たなデータが書かれるまで待ちます。

     -m maxdata  I/O をデコードする際に最高 maxdata バイトまで表示します。

     -n          各動作専用に用意されている変換を行わないようにします。通常
                 kdump は多くのシステムコールを、より読みやすい形にデコードし
                 ます。たとえば、 ioctl(2) の値はマクロ名に置き換えられたり、
                 errno の値は strerror(3) を利用して文字列に置き換えられたりし
                 ます。この動作をやめて一貫したフォーマットで出力することで、
                 この出力をさらに処理して分析を行うことが容易になります。

     -R          時間の表示に、前のエントリからの相対時間を使います。

     -T          時間の表示に、各エントリの絶対時間を利用します。

     -t cnisuw   ktrace(1)-t オプションを参照してください。


関連項目

     ktrace(1)


歴史

     kdump コマンドは 4.4BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス