kcon(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

kcon

前のページ 上に戻る 次のページ

kcon




解説

     kcon は、 'pcvt' ビデオドライバのためにキーボード設定の全ての側面を制御す
     るために使われます。

     利用可能なオプションは以下の通りです。

     -d delay
           最後のキーを押してから、キーボードがリピートするまでのディレイ時間
           を指定します。指定できる値は、0 から 3 で、それぞれ 250, 500, 750,
           1000 ミリ秒のディレイ時間をあらわします。

     -l    現在のドライバに利用されているキーボードマップを表示します。

     -m map
           キーボード能力データベース keycap 中で探されるマップエントリを指定
           します。データベース中のエントリを探索し、見付かればマップが読み込
           まれ、直ちにこのドライバで使われます。

     -o    現在のマップリスト中の、ディスプレイ制御コードを 8 進数に切り替えま
           す。 -l オプションと一緒に使われます。

     -p    リストの時に '純粋な (pure)' 出力を使います。エスケープ文字は 8 進
           もしくは 16 進で表示され、 'ESC' とは表示されません。 -l オプション
           と一緒に使われます。

     -r rate
           文字のリピートレートを指定します。有効な値は 0 から 31 で、それぞれ
           30 文字/秒から 2 文字/秒をあらわします。

     -R    キーボードをリセットします。

     -s    現在のリピートレートとディレイ値を表示します。

     -t +/-
           キーリピートオプションを有効とする ( + ) か、無効とする ( - ) かを
           指定します。

     -x    現在のマップの表示で、ディスプレイ制御コードを 16 進での表示に切り
           替えます。 -l オプションと一緒に使われます。これはデフォルトの振舞
           いです。


関連ファイル

     /usr/share/misc/keycap.pcvt  インストール時に他のものを選んでいなければ、
                                  これがキーボード能力のデータベースファイルで
                                  す
     /dev/console                 キーボードの raw デバイス


関連項目

     keycap(3), keycap(5)


バグ



ABELNET VPSサービス