kbdmap(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

kbdmap

前のページ 上に戻る 次のページ

kbdmap


            [-p | -print] [-r | -restore] [-s | -show] [-v | -verbose]


解説

     kbdmap は有効なキーマップを容易に設定するコマンドです。同様に vidfont は
     フォントを設定します。いずれもデータベース中の記述 (description) を探しま
     す。この記述は英語 (デフォルト) あるいは他の言語で書かれています。両コマ
     ンドともキーマップおよびフォントのデータベースを検査します。デフォルトで
     は英語で記述されていますが、他の言語でなされても構いません。これらのプロ
     グラムは対話的であり、ユーザからの必要な入力 (例えばキーマップ選択) を得
     るために端末出動作するものと期待します。

     MSDOS コードページのキーマップやフォントを使用しないよう強く勧めます。可
     能であれば ISO 標準バージョンを使ってください!  X11 は MSDOS コードページ
     をサポートしません。

     次のオプションが利用可能です:

     -K      kbdmap(1) としてコマンドを実行します。

     -V      vidfont(1) としてコマンドを実行します。

     -d, -default
             デフォルト言語を使用します。 LANG 環境変数は無視されます。

     -h, -help
             オプション一覧を表示して終了します。

     -l, -lang language
             記述およびメニューの表示に言語 language を用います。

     -p, -print
             標準出力に使用可能なキーマップもしくはフォントを表示し、終了しま
             す。

     -r, -restore
             /etc/rc.conf からデフォルトフォントをロードします。

     -s, -show
             現在サポートしている言語を表示して終了します。

     -v, -verbose
             通常よりきめ細かく警告メッセージを出力します。


環境変数

     LANG  希望する言語。


関連ファイル

     /usr/share/syscons/keymaps/INDEX.keymaps  キーマップのデータベース
     /usr/share/syscons/fonts/INDEX.fonts      フォントのデータベース
     /etc/rc.conf                              デフォルトのフォント
     /usr/X11/lib/X11/locale/locale.alias      共通な LANG に関する記述

     酒井 淳嗣(sakai@csl.cl.nec.co.jp): FreeBSD向けに翻訳

FreeBSD 4.4                     March 25, 1995                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス