kbdcontrol(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

kbdcontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

kbdcontrol


                speed] [-l keymap_file] [-f # string] [-h size]
                [-k keyboard_device] [-L keymap_file]


解説

     kbdcontrol コマンドは、キーマップ、リピート速度/ディレイ時間、ベルといっ
     た様々なキーボード関連オプションを、 syscons(4) コンソールドライバとキー
     ボードドライバに対して設定するのに用いられます。

     キーボードオプションは、 /etc/rc.conf 中の変数を設定することにより、シス
     テムブート時に自動設定可能です。後述の ブート時の設定を参照してください。

     以下のコマンドラインオプションを使用可能です:

     -b duration.pitch | belltype
             ベルの持続時間 (duration) をミリ秒で、ピッチ (pitch) をヘルツで設
             定します。代わりに belltype 引数が指定された場合、この引数は
             normal (サウンドパラメータを標準値に戻します) か off (完全にベル
             をオフにします) か visual (ベルをビジュアルモードにします、すなわ
             ち音を鳴らす代わりに画面をフラッシュさせます) のいずれかであるこ
             とが必要です。 belltype の前に語 quiet. が付いた場合、ベルを鳴ら
             すプロセスがバックグラウンドの vty にいるときにはベルを鳴らしませ
             ん。

     -r delay.repeat | speed
             キーボードの delay (250, 500, 750, 1000) と repeat (34, 38, 42,
             46, 50, 55, 59, 63, 68, 76, 84, 92, 100, 110, 118, 126, 136, 152,
             168, 184, 200, 220, 236, 252, 272, 304, 336, 368, 400, 440, 472,
             504) レートを設定します。代わりに speed 引数が指定された場合、こ
             の引数は slow (1000.504), fast (250.34), normal (500.126) である
             ことが必要です。

     -l keymap_file
             キーボードマップをファイル keymap_file から読み取って設定します。
             キーボードマップファイルのロードは、メニューによるコマンド
             kbdmap(1) により実行可能です。

     -d      現在のキーボードマップを標準出力にダンプします。出力はファイルに
             リダイレクト可能であり、前述の -l オプションを使用して後でカーネ
             ルにロードできます。

     -f # string
             # 番のファンクションキーで文字列 string が送られるように設定しま
             す。使用可能なファンクションキーとその番号については、キーボード
             ドライバのマニュアルページ (例えば atkbd(4)) を参照してください。

     -F      ファンクションキー設定を標準状態に戻します。

     -x      キーボードマップのダンプを 16 進数表示で行います。

     -h size
             ヒストリバッファの大きさを size 行に設定します。

             イルした結果の struct keymap を標準出力に書き出します。このオプ
             ションは第一にプログラマ向けであり、おそらく通常の状況下ではほと
             んど使用しないでしょう。


キーボードの設定

   B>ブB>ーB>トB>時B>のB>設B>定
     /etc/rc.conf または /etc/rc.conf.local の変数を設定することにより、ブート
     時にキーボードを設定可能です。関連する変数を列挙します。

     keymap       -l オプション用のキーボードマップファイルを指定します。
     keyrate      -r オプション用のキーボードリピートレートを指定します。
     keychange    -f オプション用のファンクションキー文字列を列挙します。

     詳細は rc.conf(5) を参照してください。

   B>ドB>ラB>イB>バB>のB>設B>定
     キーボードマップなどのデフォルト設定オプションの変更を、キーボードドライ
     バが許す場合があります。その場合、ブート時のオプション設定の必要はなくな
     ります。詳細はキーボードドライバマニュアル (例えば atkbd(4), ukbd(4)) を
     参照してください。


関連ファイル

     /usr/share/syscons/keymaps/*        キーボードマップファイル。


使用例

     次のコマンドでキーボードマップファイル
     /usr/share/syscons/keymaps/ru.koi8-r.kbd をロードします。

           kbdcontrol -l /usr/share/syscons/keymaps/ru.koi8-r.kbd

     キーボードマップファイルが /usr/share/syscons/keymaps にある場合、ファイ
     ル名を ru.koi8-r のように短縮可能です。

           kbdcontrol -l ru.koi8-r

     次のコマンドはファンクションキー 10 が "telnet myhost" を出力するようにし
     ます。

           kbdcontrol -f 10 "telnet myhost"

     ベルをビジュアルにするものの、バックグラウンド画面でベルが鳴るときには画
     面がフラッシュするのを避けるには、次のコマンドを実行します。

           kbdcontrol -b quiet.visual

     デフォルトコンソールキーボードを別のキーボード、例えば最初の USB キーボー
     ド ( ukbd(4) を参照してください) に切り替えるには、次のコマンドを使用しま
     す。

           kbdcontrol -k /dev/kbd1 < /dev/console

     デフォルトキーボードに戻すには、次のコマンドを使用します。
     酒井 淳嗣 (sakai@csl.cl.nec.co.jp): FreeBSD 向けに翻訳

FreeBSD 4.4                      June 30, 1999                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス