jmanpath(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

jmanpath

前のページ 上に戻る 次のページ

jmanpath




解説

     jmanpath はシステム標準およびユーザの PATH からユーザの日本語マニュアルペ
     ージのサーチパスを決め、結果を標準出力へ表示します。また警告およびエラー
     は標準エラー出力へ出力します。ユーザのパスが /etc/manpath.config ファイル
     に無いときは jmanpathman または MAN という名前のサブディレクトリを検
     索し、見付かればそれを検索パスに追加します。

     jmanpathjman(1) が検索パスを決めるのにも使用します。したがって、普通
     は環境変数 MANPATH を直接設定する必要はありません。

     オプションは以下の通りです。

     -q          「静かに」実行します。最終的なマニュアルページ検索パスだけを
                 表示します。


環境変数

     MANPATH  MANPATH を設定すると jmanpath はその設定を標準出力に表示し、標準
              エラー出力に警告を出力します。


ファイル

     /etc/manpath.config  システムコンフィギュレーションファイル。


関連項目

     japropos(1), jman(1), jwhatis(1)


バグ

     既知のバグはありません。

FreeBSD 4.4                      June 11, 2001                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス