jman(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

jman

前のページ 上に戻る 次のページ

jman


     jman [-adfhktow] [-m system] [-p string] [-M path] [-P pager] [-S list]
          [section] name ...


解説

     jman は日本語および英文オリジナルのマニュアルページをフォーマットし、表示
     します。このバージョンでは、環境変数 MANPATH と PAGER を参照するので、各
     ユーザが固有のオンラインマニュアルを持つ事や、画面で見る際のページャを選
     ぶ事が可能です。セクションを指定した場合、jman はそのセクションのみを探し
     ます。また、コマンドラインオプションや環境変数によって、検索するセクショ
     ンの順序や、ソースファイルを処理するプリプロセッサを指定することもできま
     す。システム管理者の設定によっては、ディスクスペースを節約するために、
     フォーマット済みのオンラインマニュアルを `/usr/bin/gzip -nf -9' コマンド
     により圧縮し格納するようにすることもできます。ただし、日本語マニュアルペ
     ージをオリジナルのマニュアルページに優先して表示するためにはあらかじめ環
     境変数 LC_CTYPE か LANG を ja_JP.EUC に設定しておく必要があります。

     オプションは以下の通りです。

     -M path     別のマニュアルページを検索するパスを指定します。通常、jman は
                 jmanpath を使い、検索するパスを決めます。このオプションは環境
                 変数 MANPATH よりも優先されます。

     -P pager    使用するページャを指定します。通常、jman は、 jless -s を使用
                 します。このオプションは環境変数 PAGER よりも優先されます。

     -S list     list はコロンで区切られた検索するマニュアルのセクションのリス
                 トです。このオプションは環境変数 MANSECT よりも優先されます。

     -a          通常、jman は最初にみつかったマニュアルページを表示した後終了
                 しますが、このオプションを使用すると、最初にみつかったマニュ
                 アルページだけでなく、 name, にマッチしたマニュアルページを全
                 て表示します。

     -d          マニュアルページは表示せず、デバッグ用の情報を表示します。

     -f          whatis と同じです。

     -h          一行のヘルプメッセージを表示して終了します。

     -k          apropos と同じです。

     -m system   与えられたシステム名をもとに検索する別のマニュアルセットを指
                 定します。このオプションは環境変数 SYSTEM よりも優先されま
                 す。

     -o          環境変数 LC_CTYPE または LANG 設定にかかわらず、オリジナルの
                 マニュアルページ以外の探索・表示を抑制します。

     -p string   nroff や troff を行う前に実行するプリプロセッサの順序を指定し
                 ます。全てのプリプロセッサがインストールされているとはかぎり
                 ません。プリプロセッサとそれを指定するのに使われる文字は以下
                 の通りです。 eqn (e), grap (g), pic (p), tbl (t), vgrind (v),

     LC_CTYPE
     LANG        オリジナルのマニュアルページに優先して検索するマニュアルペー
                 ジの言語を決定します。日本語マニュアルページを検索・表示する
                 ためには LC_CTYPE または LANG が ja_JP.EUC にセットされている
                 必要があります。
     MACHINE     特定のアーキテクチャ向けのマニュアルページを提供するために、
                 jman は検索する各ディレクトリの下にある、現在のアーキテクチャ
                 名と同じ名前のディレクトリ以下も検索します。このアーキテク
                 チャ依存マニュアルの置かれている場所は、アーキテクチャに依存
                 しないマニュアルの置き場所より先に検索されます。環境変数
                 MACHINE に特定のアーキテクチャ名がセットされている場合には、
                 現在のマシン種別よりこちらを優先します。
     MANROFFSEQ  MANROFFSEQ がセットされていれば、その値は nroff や troff を行
                 う前に実行されるプリプロセッサの順序を示すのに使われます。デ
                 フォルトでは、nroff の前に tbl プリプロセッサが実行されます。
     MANSECT     MANSECT がセットされていれば、その値はどのマニュアルセクショ
                 ンを検索するのかを決定するのに使われます。
     PAGER       PAGER がセットされていれば、その値はマニュアルページを表示す
                 るのに使われるプログラムの名前を指定するのに使われます。セッ
                 トされていなければ、 jless -s が使われます。


使用例

     通常、getopt に関連するマニュアルページの情報を見るためには、次のようにし
     ます。
           man getopt

     一方、特定のセクションのマニュアル、例えば getopt(3) を参照したいときに
     は、以下のようにします。
           man 3 getopt


関連項目

     groff(1), japropos(1), jmanpath(1), jwhatis(1), jless(1), man(7), mdoc(7)


バグ

     -t オプションは troff ライクなプログラムがインストールされている場合のみ
     有効です。

FreeBSD 4.4                      June 11, 2001                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス