iptest(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

iptest

前のページ 上に戻る 次のページ

iptest



書式

       iptest  [ -1234567 ] [ -d <device> ] [ -g <gateway> ] [ -m
       <MTU> ] [ -p <pointtest> ] [ -s <source> ] <destination>


解説

       iptest ...


オプション

       -1     IP テストグループ #1 を実行します。このテストグルー
              プ が生成するパケットは、パケットの他の特性から得ら
              れる値としては不正な値が IP ヘッダフィールドに設 定
              さ れ ま す。 ポイントとなるテストは次の通りです: 1
              (ip_hl < ip_len)、 2 (ip_hl > ip_len)、 3  (ip_v  <
              4)、  4 (ip_v > 4)、 6 (ip_len > パケットサイズ、短
              いパケット)、 7 (長さ 0 のフラグメント)、 8 (再アセ
              ン ブル後のパケット長が 64k 以上)、 9 (MSB がセット
              された IP オフセット)、 10 (ttl のバリエーション)。

       -2     IP テストグループ #2 を実行します。このテストグルー
              プが生成するパケットは、パケットの他の特性から得 ら
              れ る 値 としては不正な値を用いて作成された IP オプ
              ションを含みます。ポイントとなるテストは次の通り で
              す: 1 (オプション長 > パケット長)、 2 (オプション長
              = 0)。

       -3     IP テストグループ #3 を実行します。このテストグルー
              プ が生成するパケットは、 ICMP ヘッダフィールドが非
              標準値になっています。ポイントとなるテストは次の 通
              り で す: 1 (ICMP タイプ 0-31 と 255)、 2 (タイプ 3
              でコード 0 - 31)、 3 (タイプ 4 でコ ー ド  0,  127,
              128,  255)、  4  ( タ イ プ 5 でコード 0, 127, 128,
              255)、 5 (タイプ 8-10, 13-18 でコード 0, 127,  128,
              255)、  6  ( タ イ プ 12 でコード 0, 127, 128, 129,
              255)、 7 (タイプ 3 でコード 9-10, 13-14, 17-18 - 短
              縮されたパケット)。

       -4     IP テストグループ #4 を実行します。このテストグルー
              プが生成するパケットは、 UDP ヘッダフィールドが非標
              準 値になっています。ポイントとなるテストは次の通り
              です: 1 (UDP 長 > パケットサイズ)、 2 (UDP 長 <  パ
              ケッ ト サ イ ズ)、  3 (sport = 0, 1, 32767, 32768,
              65535)、 4 (dport = 0, 1, 32767, 32768, 65535)、  5
              (sizeof(struct  ip) <= MTU <= sizeof(struct udphdr)
              + sizeof(struct ip))。

       -5     IP テストグループ #5 を実行します。このテストグルー
              プが生成するパケットは、 TCP ヘッダフィールドが非標
              準値になっています。ポイントとなるテストは次の通 り
              です: 1 (TCP フラグのバリエーション、すべての組み合
              わ せ)、  2  (seq  =  0,   0x7fffffff,   0x8000000,
              0xa0000000,  0xffffffff)、  3 (ack = 0, 0x7fffffff,
              0x8000000, 0xa0000000, 0xffffffff)、 4 (ウィンド ウ
              の パ ケッ ト は、  IP バージョン、チェックサム、長
              さ、IP オフセットのフィールドのみからなります。

       -d <interface>
              インタフェース名を指定されたものに設定します。

       -g <gateway>
              パケットの経路となるゲートウェイのホスト名を指定 し
              ま す。宛先ホストが、パケットを送出するホストと同一
              のネットワークに直接接続されていない場合には、か な
              らず必要となります。

       -m <MTU>
              パケットを送出する際に使用する MTU を指定します。こ
              のオプションを使うことで、実際と異なる MTU を設定す
              る ことができます。これにより、実際にネットワークイ
              ンタフェースの MTU を小さく設定しなくても、小 さ な
              MTU  を持つインタフェースをシミュレートすることがで
              きます。

       -p <test>
              指定したものを実行...


関連項目

       ipsend(1), ipresend(1), bpf(4), ipsend(5), dlpi(7p)


診断

       iptest 実行時には、数値テストオプションは 1 つのみ指定可能
       です。

       root として実行する必要があります。


バグ

       バ グをみつけたら、darrenr@cyber.com.au に電子メールを送っ
       てください。



                                                        IPTEST(1)

ABELNET VPSサービス