ipnat(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ipnat

前のページ 上に戻る 次のページ

ipnat



書式

       ipnat [ -lnrsvCF ] -f <filename>


解説

       ipnat は列挙されたファイルをオープンし ("-" は標準入力とし
       て扱います)、そのファイルを解釈して、 IP NAT に対し追加 ま
       たは削除するルールセットを求めます。

       ipnat が処理する各ルールは、解釈に問題がなければ、カーネル
       内部のリストに追加されます。ルールは、ipnat に与えられた時
       の出現順に一致する順序で内部リストの最後に追加されます。


オプション

       -C     現在の NAT ルールリスト (NAT ルール) から全エントリ
              を除去します。

       -F     現在の NAT 変換テーブル中のすべての活動エントリ (現
              在活動状態の NAT マッピング) を除去します。

       -l     現在の NAT テーブルエントリマッピングのリストを表示
              します。

       -n     このフラグ (無変更) は、ipnat が実際に ioctl を呼び
              出 すことと、現在実行中のカーネルを変更することを妨
              げます。

       -s     NAT 統計を取り出して表示します。

       -r     マッチする NAT ルールを、内部リストに追加するのでは
              なく、削除します。

       -v      冗長モードをオンにします。ルール処理とアクティブな
              ルール/テーブルエントリに関する情報を表示します。


関連ファイル

       /dev/ipnat


関連項目

       ipnat(5), ipf(8), ipfstat(8)



                                                         IPNAT(1)

ABELNET VPSサービス