ipcs(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ipcs

前のページ 上に戻る 次のページ

ipcs




解説

     ipcs プログラムは、システムの System V プロセス間通信 (IPC) 機構に関する
     情報を提供します。

     オプションは以下の通りです:

     -a      使用中のセマフォ、メッセージキュー、共有メモリセグメントに関し、
             可能な限り多くの情報を表示します(これは -b, -c, -o, -p, -t オプ
             ションを同時に指定したのと同じです)。

     -b      使用中のセマフォ、メッセージキュー、共有メモリセグメントの最大許
             容サイズを表示します。 ``最大許容サイズ(maximum allowed size)''
             とは、メッセージキュー中の1つのメッセージの最大バイト数、共有メモ
             リセグメントのサイズの最大バイト数、もしくは一組のセマフォ中のセ
             マフォの数を意味します。

     -c      使用中のセマフォ、メッセージキュー、共有メモリセグメント作成者の
             名前、グループを表示します。

     -m      使用中の共有メモリセグメントの情報を表示します。

     -o      使用中のメッセージキュー、共有メモリセグメントの特徴的な利用状況
             を表示します。 ``特徴的な利用状況(outstanding usage)'' とは、メッ
             セージキューにあるメッセージ数や共有メモリセグメントをアタッチし
             ているプロセスの数のことです。

     -p      使用中のセマフォ、メッセージキュー、共有メモリセグメントのプロセ
             スID情報を表示します。 ``プロセスID情報(process ID information)''
             とは、メッセージキューにメッセージを送ったり、メッセージキューか
             らメッセージを受け取ったりした最後のプロセス、またはセマフォを
             作ったプロセスや、共有メモリセグメントをアタッチしたり、デタッチ
             したりした最後のプロセスのことです。

     -q      使用中のメッセージキューに関する情報を表示します。

     -s      使用中のセマフォに関する情報を表示します。

     -t      使用中のセマフォ、メッセージキュー、共有メモリセグメントのアクセ
             ス時間を表示します。アクセス時間とは、 IPC オブジェクトに対する最
             後の制御操作を行った時間や、メッセージを最後に送ったり受け取った
             りした時間、共有メモリセグメントを最後にアタッチしたりデタッチし
             たりした時間、セマフォを最後に操作した時間のことです。

     -C system
             デフォルトの ``/kernel'' のかわりに、指定した system から名前リス
             トを取り出します。

     -M      共有メモリに関するシステム情報を表示します。

     -N core
             デフォルトの ``/dev/kmem'' のかわりに、指定した core から名前リス

     出力が矛盾のないものであることは保証されません。


バグ

     このマニュアルページは、完全なものではありません。なぜなら、 ipcs で表示
     される情報について説明していないからです。


関連ファイル

     /dev/kmem    デフォルトのカーネルメモリ
     /kernel      デフォルトのシステム名前リスト


関連項目

     ipcrm(1)


作者

     Thorsten Lockert <tholo@sigmasoft.com>

FreeBSD 4.4                      June 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス