ipcrm(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ipcrm

前のページ 上に戻る 次のページ

ipcrm


     ipcrm [-q msqid] [-m shmid] [-s semid] [-Q msgkey] [-M shmkey]
           [-S semkey] ...


解説

     ipcrm は、指定したメッセージキュー、セマフォ、共有メモリセグメントを削除
     します。これらの System V IPC オブジェクトは、作成時につけられるID、もし
     くはキーで指定することができます。

     次のようなオプションにて、削除する IPC オブジェクトを指定します。これらの
     オプションはいくつでも組み合わせて使用することができます:

     -q msqid
             msqid で指定した ID のメッセージキューを削除します。

     -m shmid
             shmid で指定した ID の共有メモリセグメントに対し、削除マークを付
             けます。このマークが付けられた共有メモリは、最後のプロセスがデ
             タッチした後、解放されます。

     -s semid
             semid で指定した ID のセマフォセットを削除します。

     -Q msgkey
             msgkey で指定したキーに対応するメッセージキューを削除します。

     -M shmkey
             shmkey で指定したキーに対応する共有メモリセグメントに対し、削除マ
             ークをつけます。このマークが付けられた共有メモリは、最後のプロセ
             スがデタッチした後、解放されます。

     -S semkey
             semkey で指定したキーに対応するセマフォセットを削除します。

     System V IPC オブジェクトの ID とキーは、 ipcs(1) を使って知ることができ
     ます。


関連項目

     ipcs(1)

FreeBSD 4.4                     August 8, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス