install(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

install

前のページ 上に戻る 次のページ

install


             [-o owner] file1 file2
     install [-bCcMpSsv] [-B suffix] [-f flags] [-g group] [-m mode]
             [-o owner] file1 ... fileN directory
     install -d [-v] [-g group] [-m mode] [-o owner] directory ...


解説

     ファイルを指定したファイルもしくはディレクトリへコピーします。もしもター
     ゲットがディレクトリであれば、 file は元のファイル名のままで directory の
     中にコピーされます。もし指定ファイルがすでに存在している場合、 -b オプ
     ションが指定されていれば file.old にリネームし、そうでない場合にはパー
     ミッションが許せば上書きされます。バックアップ用の別のサフィックスを、 -B
     オプションの引数で指定可能です。

     次のオプションを使用可能です:

     -b      既存のファイルに上書きする前に、 file.old へリネームして、バック
             アップします。バックアップ用の別のサフィックスについては -B を参
             照してください。

     -B suffix
             -b 指定時に、 suffix をバックアップのサフィックスとして使用しま
             す。

     -C      ファイルをコピーします。コピー先ファイルがすでに存在しかつ内容が
             同一である場合には、ターゲットの修正時刻を変更しません。

     -c      ファイルをコピーします。これがデフォルトです。 -c オプションは、
             後方互換性のためだけに含まれています。

     -d      ディレクトリを作成します。必要であれば、無い親ディレクトリも作成
             されます。

     -f      ターゲットファイルのファイルフラグを指定します; 指定可能なフラグ
             のリストとその意味は chflags(1) を参照して下さい。

     -g      グループを指定します。数値指定の GID が利用できます。

     -M      mmap(2) の使用を全面的に禁止します。

     -m      モードを指定します。デフォルトのモードは rwxr-xr-x (0755) にセッ
             トされます。モード指定は 8 進数もしくはシンボリックな値のどちらで
             も可能です; 指定可能なモードの値については chmod(1) を参照して下
             さい。

     -o      所有者を指定します。数値指定の UID が利用できます。

     -p      修正時刻を保存します。 -C (比較してコピー) オプションが指定された
             場合のようにコピーを行いますが、ターゲットファイルが存在しないも
             しくは内容が異なる場合、ファイルの修正時刻を保存します。

     -S      安全モード。通常、 install は、新規ファイルをインストールする前
             に、既存のターゲットをアンリンクします。 -S フラグを付けると、一

     install ユーティリティは、ファイルをそれ自身に移動しないように試みます。

     /dev/null をインストールすると、空のファイルを作ります。

     正常終了時は 0 が返ります。他の場合は 1 が返ります。


診断

     install ユーティリティは、成功時には 0 で、そうでない場合は 1 で終了しま
     す。


関連ファイル

     INS@XXXX  -S, -C, -p オプションのいずれが使われている時は、一時ファイル名
               を INS@XXXX とします。ここで、 XXXX 部分は mkstemp(3) で決定さ
               れ、ターゲットディレクトリに作成されます。


互換性

     歴史的に、デフォルトでは install はファイルを移動していました。デフォルト
     がコピーに変更されたのは、 FreeBSD 4.4 です。


関連項目

     chflags(1), chgrp(1), chmod(1), cp(1), mv(1), strip(1), mmap(2), chown(8)


歴史

     install ユーティリティは 4.2BSD から登場しました。


バグ

     install が異常終了した場合に、一時ファイルがターゲットディレクトリに残る
     かも知れません。

     NFS ファイルシステム経由では fchflags(2) でファイルフラグを設定できませ
     ん。他のファイルシステムはフラグの概念がありません。フラグをサポートしな
     いファイルシステムにおいてフラグ設定に失敗した場合には、 install は警告だ
     け行います。

     install-v を指定すると、 -C がハードリンクを扱うときに、コピーをした
     と嘘をつきます。

FreeBSD 4.4                       May 7, 2001                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス