inc(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

inc

前のページ 上に戻る 次のページ

inc



SYNOPSIS

       inc  [+folder] [-audit audit-file] [-noaudit] [-changecur]
            [-nochangecur]  [-form formatfile]   [-format string]
            [-file name]    [-silent]   [-nosilent]   [-truncate]
            [-notruncate]      [-width columns]      [-host host]
            [-user user]   [-apop]  [-noapop]  [-rpop]  [-norpop]
            [-pack file] [-nopack] [-help]


DESCRIPTION

       inc は、ユーザのメールドロップにある到着メールを MH フォル
       ダ へと取り込みます。もし `+folder' が指定されていない場合
       は、ユーザのプロファイルの中で "Inbox:" エントリで指定され
       ているフォルダか、それがなければ、"inbox" という名前のフォ
       ルダが使われます。新しく取り込まれたメッセージは、そのフォ
       ルダ内で最も大きな番号の次の番号から始まる番号が割り当てら
       れます。もし、指定の(あるいはデフォルトの)フォルダが存在し
       ない場合、それが作成される前に確認の質問がされます。メッセ
       ージが処理されるに従い、新しいメールの一覧リストが表示され
       ます。

       もしユーザのプロファイルに "Msg-Protect: nnn" というエント
       リが含まれる場合、それが新しく作られるメッセージのファイル
       モ ー ド として使われます。なければ、MH のデフォルトである
       0644 か、そのサイト固有の値(MSGPROT オプションの値)が使 わ
       れます。

       メッセージに関するあらゆる処理を行なっても、それぞれのメッ
       セージ毎に、この最初に付けられたファイルモードは保存されま
       す。 個 々 の メッ セ ー ジ のファイルモードを変更するため
       にB>Achmod(1) が使われるかもしれませんが、その変更後のモ ー
       ド も保存されます (勝手に Msg-Protect の値に変わったりはし
       ません)。

       もし、`-audit audit-file' オプションが指定された 場 合( 通
       常、プロファイルの中でデフォルトのオプションとして指定され
       ます)、inc は指定された audit-file の最後にヘッダ ー 行 と
       メッセージ毎の行を次の形式で追加します。

          inc 日付
               <最初のメッセージの scan 行>
               <二番目のメッセージの scan 行>
                         <以下同様>

       こ れ は届いたメールの量や発信源の形跡を保存するのに有効で
       す。いずれは、正確な通信歴を保存するた め に、replforwcompdist  等も、たぶん "Message-Id:" 情報と共に、この(あ
       るいは別の)ファイルに、記録するようにするかも知れませ ん。
       "Audit-file"   は フ ルパスで指定されない限り、ユーザの MH
       ディレクトリの中に存在すると考えられます。

       inc は不正な形式のメッセージであっても、不正なコンポーネン
       ト の前に空行を挿入し (不正のヘッダーはボディになる)、悪い

       `-form formatfile'、`-format string'、`-width columns'  の
       各オプションの意味は scan (1) コマンドと同じです。

       `-file name' オプションを使うことによって、inc に、ユー ザ
       のメールドロップではなく、ファイルからメッセージを取り込む
       ことを指示する事が出来ます。指定ファイルは `-truncate'  オ
       プションをつけない限り、空にされる事はないので注意して下さ
       い。

       もし環境変数 $MAILDROP がセットされてる場合、 inc  はそ れ
       を デフォルト(しかし、`-file name' オプションで上書き可能)
       の代わりに、ユーザのメールドロップの場所として使います。も
       し、 この環境変数がセットされてない場合、 inc は、プロファ
       イルの "MailDrop" エントリを調べます。もし、見つかった値が
       絶対パスでない場合、それはユーザの MH ディレクトリからの相
       対パスであると解釈します。もし、値が見つから な かっ た 場
       合、inc はユーザのメールドロップとして、システム標準の場所
       を見ます。

       `-silent' オプションは、inc に黙って何の質問もせずに実行す
       る よう指示します。これは inc をバックグラウンドにして、別
       の事をする場合に便利です。

       もしローカルホストが POP クライアントとして設定されてい る
       場合、もしくは `-host host' オプションが与えられた場合は、
       inc は、たまったメールの状態に関して POP サーバーに聞き に
       行きます。もし `-user user' オプションが指定されてない場合
       は、現在のユーザー名が使われます。通常、inc は使用するパス
       ワ ードを聞いてくるでしょう。もし `-apop' オプションが指定
       された場合、 inc は元となる認証に対し、認証クリデンシャ ル
       を作成します。これにより、パスワードをネットワーク上に平文
       で流しません。そうでなく、`-rpop' オプションが指定された場
       合、 inc は信頼される接続を使おうと試みます (BSD の r-コマ
       ンド風)。

       もし inc が POP を使うなら、`-pack file' オプションが考 え
       られます。もし指定されれば、inc は取り込んだユーザのメール
       ドロップを packf (1) して、POP サーバーから指定のファイ ル
       へ と POP を使います。このオプションはメールを読むのに msh
       を使う事を好む人達のために用意されています。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル
       /usr/local/lib/mh/mtstailor         テイラー・ファイル
       /var/mail/$USER                     メールドロップの位置


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Alternate-Mailboxes: ユーザーのメールボックスを決める
       Inbox:               inbox を決める。デフォルトは "inbox"
       Folder-Protect:      新しいフォルダを作る際にセットされるモード
       `-truncate'          もし `-file name' 指定がない場合
                            ある場合は `-notruncate'
       `-width'             デフォルトは端末の幅
       `-nopack'
       `-rpop'


CONTEXT

       メッセージが取り込まれたフォルダがカレント・フォルダになり
       ます。 `-nochangecur' オプションが指定されない限り、取り込
       まれた最初のメッセージがカレント・メッセージになります。こ
       れで、最初の新しいメッセージが show で読めるよう準備されま
       す。


BUGS

       `-format' に対する引数は、inc を呼び出すシェルにとって一語
       として解釈される形でなければなりません。従って、通常、この
       オプションに対する引数はダブル・クォートで囲まれなければな
       りません。



[mh.6]                        MH.6.8                       INC(1)

ABELNET VPSサービス