ident(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ident

前のページ 上に戻る 次のページ

ident



書式

       ident [ -q ] [ -V ] [ file ... ]


解説

       ident は、指定されたファイルがあればそのファイルから、指定
       がない場合には標準入力から、 $keyword: text $ なるパターン
       を検索します。

       これらのパターンは、通常 RCS の co(1) コマンドにより自動的
       に挿入されますが、手作業で入れることも可能です。オプション
       -q  を指定すると、ファイル中にキーワードが発見できなくても
       警告メッセージを出力しません。 -V を指定すると、 ident  の
       バージョン番号を表示します。

       ident は、テキストファイルと同様にオブジェクトファイルやダ
       ンプファイルにも使用することができます。たとえば、以下の C
       言語プログラム f.c で、

              #include <stdio.h>
              static char const rcsid[] =
                "$Id: f.c,v 1.5 1999/08/27 23:36:42 peter Exp $";
              int main() { return printf("%s\n", rcsid) == EOF; }

       f.cf.o にコンパイルされているなら、以下のコマンド

              ident  f.c  f.o

       は、次のような出力を行います。

              f.c:
                  $Id: f.c,v 1.5 1999/08/27 23:36:42 peter Exp $
              f.o:
                  $Id: f.c,v 1.5 1999/08/27 23:36:42 peter Exp $

       C  言語プログラムで上記のような文字列 rcsid が定義され、か
       つ使われていないとき、 lint(1) が警告を出したり、 C コンパ
       イラによっては最適化により文字列を削除する場合があります。
       もっとも、よい解決策は上のプログラム例のように文字列 rcsid
       を使うことです。
                    * がサポートする keyword でなくても、すべての
       ident   は、
       $keyword: text $ パターンを表示します。これにより、 $XCon-
       sortium$ のような非標準の keyword についても情報が得られま
       す。


キーワード

       つぎに現在、 co(1) が扱う keyword を挙げます。デフォルトで
       は、 す べての時刻は協定世界時 (UTC しばしば GMTと呼ばれま
       す) で表されますが、チェックアウトのときに、 co-zzone
       オプションを使ったファイルについては、数字によるタイムゾー
       ンが付加されます。

              そ のリビジョンをロックした人のユーザ名 (ロックされ
              ていない場合は空白) です。

       $Log$  チェックインのときに書かれたログメッセー ジ で す。
              ident の目的としては、 $RCSfile$ と等価です。

       $Name$  リビジョンをチェックアウトするときに使うシンボル名
              です(ないかもしれません)。

       $RCSfile$
              フルパスでない RCS ファイルの名前です。

       $Revision$
              そのリビジョンのリビジョン番号です。

       $Source$
              RCS ファイルのフルパス名です。

       $State$
              rcs(1) or ci(1)-s オプションで付けられたその リ
              ビジョンの状態です。

       co(1) は以下の文字をエスケープシーケンスで表現することによ
       り、キーワードの文字列の形を保ちます。

              char     escape sequence
              tab      \t
              newline  \n
              space    \040
              $        \044
              \        \\


作者

       Author: Walter F. Tichy.
       Manual Page Revision: 1.5; Release Date: 1999/08/27.
       Copyright (C) 1982, 1988, 1989 Walter F. Tichy.
       Copyright (C) 1990, 1992, 1993 Paul Eggert.


関連項目

       ci(1),    co(1),    rcs(1),    rcsdiff(1),    rcsintro(1),
       rcsmerge(1), rlog(1), rcsfile(5)
       Walter  F.  Tichy,  RCS--A  System  for  Version  Control,
       Software--Practice  &  Experience  15,  7   (July   1985),
       637-654.



GNU                         1999/08/27                   IDENT(1)

ABELNET VPSサービス