id(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

id

前のページ 上に戻る 次のページ

id


     id -G [-n] [user]
     id -P [user]
     id -g [-nr] [user]
     id -p [user]
     id -u [-nr] [user]


解説

     id ユーティリティは、呼び出したプロセスのユーザとグループとを、名称と ID
     番号で標準出力に表示します。もし実 ID と実効 ID が異なっている場合は、両
     方とも表示します。

     もし、 user (ユーザ名かユーザ ID) が指定された場合は、そのユーザのユーザ
     ID とグループ ID が表示されます。この場合、実 ID と実効 ID とは同じものと
     みなされます。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -G      グループ ID (実効グループ、実グループ、その他) を、空白で区切って
             列挙します。表示する順序に意味はありません。

     -P      id としてパスワードファイルエントリを表示します。

     -g      実効グループ ID を ID 番号で表示します。

     -n      -G, -g, -u のオプションによる表示を、ID 番号ではなく名前による表
             示にします。 ID 番号に対応する名前がなかった場合は、通常通り ID
             番号で表示します。

     -p      人間が見やすい形で表示します。 getlogin(2) が返すユーザ名がユーザ
             ID から得られるログイン名と異なっている場合は、行頭に ``login''
             とキーワードがついて getlogin(2) で得られる名前が表示されます
             (su(1) している場合など)。名前で表示されるユーザ ID は、頭に
             ``uid'' というキーワードをつけて表示されます。実ユーザ ID が実効
             ユーザ ID と異なっていると、 ``euid'' というキーワードが頭につい
             て実ユーザ ID が表示されます。実グループ ID が実効グループ ID と
             異なっていると、頭に ``rgid'' がついて実グループ名を表示します。
             ユーザが属しているグループのリストを、行頭に ``groups'' というキ
             ーワードをつけて名前で表示します。それぞれ、行を改めて表示されま
             す。

     -r      -g, -u のオプションで実効ユーザ ID/グループ ID ではなく、実ユーザ
             ID/グループ ID を表示するようにします。

     -u      実効ユーザ ID を ID 番号で表示します。


診断

     ユーティリティ id は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了しま
     す。


関連項目

     who(1)


ABELNET VPSサービス