host(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

host

前のページ 上に戻る 次のページ

host




解説

     host はインターネットホストに関する情報の検索を行ないます。情報は世界中に
     広がった相互に接続されたサーバ群から得ます。デフォルトではホスト名とイン
     ターネットアドレス間の変換のみを行ないます。 ``-t'' や ``-a'' オプション
     とともに使うと、そのホストに関するドメインサーバによって保守されている情
     報のすべてを得ることができます。

     引数にはホスト名かホスト番号のいずれかを指定できます。本プログラムはまず
     引数をホスト番号として解釈を試みます。それがうまくいかなければ、ホスト名
     として扱います。ホスト番号は 128.6.4.194 のようにドットによって区切られた
     4 つの 10 進数からなります。ホスト名は topaz.rutgers.edu のようにドットで
     区切られた複数の名前からなります。名前がドットで終っていなければ、ローカ
     ルドメインが自動的に末尾に付け加えられます。たとえば Rutgers のユーザは

           host topaz

     というように使うことができ、これは実際には "topaz.rutgers.edu" が検索され
     ます。これがうまくいかなければ、名前は変更されずに (この例では "topaz" と
     して) 試みられます。このやりかたはメールやその他のネットワークユーティリ
     ティでも使うことができます。実際に末尾に付け加えられる接尾辞は、
     hostname(1) を呼び出した結果の最初のドット以降となります。(下記の ホスト
     名検索のカスタマイズの節を参照してください。)

     最初の引数は検索を行なうホスト名となります。これが数字の場合、 ``逆引き''
     が実行されます。すなわちドメインシステムは数字を名前に変換するための別の
     データベース群を参照します。

     2 番目の引数は省略可能です。ここでは問い合わせを行なうサーバを指定するこ
     とができます。この引数が指定されなければ、デフォルトのサーバ (通常はロー
     カルマシン) が使われます。

     名前が指定された場合、3 つの異なった種類の結果が出力されます。以下はそれ
     らの例です。

           % host sun4
           sun4.rutgers.edu is a nickname for ATHOS.RUTGERS.EDU
           ATHOS.RUTGERS.EDU has address 128.6.5.46
           ATHOS.RUTGERS.EDU has address 128.6.4.4
           ATHOS.RUTGERS.EDU mail is handled by ARAMIS.RUTGERS.EDU

     ここでユーザはコマンド ``host sun4'' を入力しています。最初の行は名前
     ``sun4.rutgers.edu'' は実際にはニックネームであることを示しています。正式
     なホスト名は ``ATHOS.RUTGERS.EDU'' です。続く 2 行ではアドレスが表示され
     ています。もし複数のネットワークインタフェースをもつシステムであれば、そ
     の各々は別のアドレスを持ちます。最後の行では ATHOS.RUTGERS.EDU は自分に対
     するメールは受け取らないことを示しています。このホスト宛てのメールは
     ARAMIS.RUTGERS.EDU によって取り込まれます。いくつかのシステムではそのメー
     ルを扱うシステムが複数存在することがあり、その場合はこの行のような情報が
     さらに出力されます。技術的にはメールを受け取ることのできるすべてのシステ
     ムがこのようなエントリを持つと考えられます。もしシステムがそのメールを自
     分自身で受け取る場合、
     す。

     -a          ``all'' の意。これは ``-v -t any'' と同じです。

     -c class    非インターネットデータを検索する class-d          デバッグモードとなります。ネットワークトランザクションが詳細
                 に表示されます。

     -l          完全なドメインのリストを表示します。例えば

                       host -l rutgers.edu

                 を実行すると、rutgers.edu ドメインのすべてのホストのリストを
                 表示します。 ``-t'' オプションを使うことによって表示する情報
                 にフィルタをかけることができます。デフォルトでは PTR と NS レ
                 コードを含んだアドレス情報が表示されます。

                       host -l -v -t any rutgers.edu

                 このコマンドでは rutgers.edu の完全なゾーンデータを正式なマス
                 タファイルの形式でダウンロードします。(しかし不思議な理由によ
                 り SOA レコードは 2 回リストされます。)

                 B>注: ``-l'' フラグは完全なゾーン転送を行なった後、要求した情報
                 をフィルタリングするように実装されています。このコマンドは絶
                 対に必要な時に限って使うべきです。

     -r          再帰的な問い合わせを行ないません。これはネームサーバがそのサ
                 ーバ自身のデータベースに所持しているデータのみを返すことを意
                 味します。サーバは他のサーバに情報の問い合わせを行ないませ
                 ん。

     -d          デバッグを有効にします。ネットワークトランザクションの詳細が
                 表示されます。

     -s          署名から親の鍵を追跡します (DNSSEC)。

     -t querytype
                 特定の querytype の情報の検索を指定することができます。引数は
                 named(8) の man ページにおいて定義されています。現在サポート
                 されているタイプには以下のものが含まれます: ``a'', ``ns'',
                 ``md'', ``mf'', ``cname'', ``soa'', ``mb'', ``mg'', ``mr'',
                 ``null'', ``wks'', ``ptr'', ``hinfo'', ``minfo'', ``mx'',
                 ``uinfo'', ``uid'', ``gid'', ``unspec'' さらに、ワイルドカー
                 ド (これは ``any'' か ``*'' として指定されます) があり、上記
                 のすべてのタイプを指定するためにつかいます。タイプは小文字で
                 指定しなければなりません。デフォルトでは最初に ``a'' が検索さ
                 れ、次に ``mx'' が検索されます。ただし、verbose オプションが
                 指定されていると、デフォルトでは ``a'' のみの検索を行ないま
                 す。オプション ``-t'' は host が返す情報にフィルタをかけるの
                 に特に有効です。それ以上の情報は下記の ``-l'' オプションの説

                 は、rutgers.edu に対するゾーンデータの完全なダウンロードを、
                 公式なマスタファイル書式で与えます (しかしながら、不可解な理
                 由で、SOA レコードは 2 度表示されます)。

                 B>注: ``-l'' の実装は、完全なゾーン転送を行い、これに対して要求
                 した情報をフィルタアウトすることで行われます。このコマンドの
                 使用は、本当に必要な場合に限るべきです。


ホスト名検索のカスタマイズ

     一般にユーザによって指定された名前にドットが含まれていなければ、デフォル
     トのドメインがその末尾に付け加えられます。このドメインは /etc/resolv.conf
     において定義することができますが、通常はローカルのホスト名の最初のドット
     以降を取ることによって求められます。ユーザは環境変数 LOCALDOMAIN を使って
     異なるデフォルトドメインを指定することによって、これをオーバーライドする
     ことができます。さらに、ユーザはホスト名の独自の略称を使うこともできま
     す。略称は 1 つの略称につき 1 行からなるファイルにおいて指定します。各行
     には略称、スペース、そして完全なホスト名が含まれます。このファイルは環境
     変数 HOSTALIASES にてファイル名を指定します。


環境変数

     HOSTALIASES         (ホストの別名, 完全なホスト名) のペアを含んでいるファ
                         イルのファイル名


関連ファイル

     /etc/resolv.conf    resolver(5) を参照してください。

     HOSTALIASES         (ホストの別名, 完全なホスト名) のペアを含んでいるファ
                         イルのファイル名


関連項目

     named(8)resolver(5)


バグ

     ローカルドメインに含まれない名前を入力すると予期できない影響が起こり得ま
     す。名前がドットで終っていない限り、ローカルドメイン名がすべての名前の末
     尾に付加されることをいつも心に留めておいてください。ローカルドメインの補
     完に失敗した時のみ、名前は変更されずに使用されます。

     ``-l'' オプションでは要求されたドメインにおいてリストされている最初のネー
     ムサーバにのみ問い合わせを行ないます。もしこのサーバが死んでいれば、サー
     バをマニュアルで指定しなければなりません。たとえば foo.edu のリストを得る
     には、

           host -t ns foo.edu

     と指定して foo.edu のすべてのネームサーバのリストを得てから、動作するもの
     が見つかるまでリストにあるすべてのネームサーバについて

           host -l foo.edu xxx

     (ここで ``xxx'' はネームサーバ) を試みれば良いでしょう。

ABELNET VPSサービス