head(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

head

前のページ 上に戻る 次のページ

head




解説

     フィルタ head は、fileが指定されていればそのファイルを、指定されていなけ
     れば標準入力を読み込み、先頭から count で指定された行数だけ、もしくは
     bytes だけ表示します。 count が指定されていなかった場合は、デフォルトの
     10 行を表示します。

     複数のファイルが指定された場合は、 ``==> XXX <=='' という形式の文字列から
     なるヘッダを付けられます。ここで、 ``XXX'' は、ファイル名です。


診断

     ユーティリティ head は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了し
     ます。


関連項目

     tail(1)


歴史

     head ユーティリティは 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス