gzexe(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

gzexe

前のページ 上に戻る 次のページ

gzexe



書式

       gzexe [ name ...  ]


解説

       gzexe   は、実行ファイルを圧縮し、圧縮ずみ実行ファイルを元
       ファイルの存在するディレクトリに元のファイルと同名で格納し
       ます。圧縮ずみ実行ファイルは、実行時に自動展開されるため起
       動が遅くなりますが、それ以外は元の実行ファイルと同じ機能を
       持ちます。例えば、 ``gzexe /bin/cat'' を実行すると、以下の
       2 つのファイルが生成されます。
           -r-xr-xr-x  1 root  bin   9644 Feb 11 11:16 /bin/cat
           -r-xr-xr-x  1 bin   bin  24576 Nov 23 13:21 /bin/cat~
       /bin/cat~ は元のファイルで、/bin/cat は自己展開形式の実 行
       ファ イ ル で す。 /bin/cat が正常に動作することを確認した
       ら、/bin/cat~ は消してしまっても構いません。

       このユーティリティはディスク容量の少ないシステムで効果があ
       ります。


オプション

       -d     指定された圧縮ずみ実行ファイルを展開します。


関連項目

       gzip(1), znew(1), zmore(1), zcmp(1), zforce(1)


警告

       圧縮ずみ実行ファイルはシェルスクリプトです。このことによっ
       て、何らかのセキュリティホールが生じる可能性があります。特
       に、 圧 縮ずみ実行ファイルは gzip および (tail, chmod, ln,
       sleep) などのコマンドを見つけるための PATH 環境変数に依 存
       しています。


バグ

       gzexe は、元ファイルの属性を圧縮ずみ実行ファイルにも引き継
       ごうとしますが、 chmodchown を用いてこれらの属性を設定
       しなければならない場合があります。



                                                         GZEXE(1)

ABELNET VPSサービス