grops(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

grops

前のページ 上に戻る 次のページ

grops



書式

       grops [ -glmv ] [ -bn ] [ -cn ] [ -wn ] [ -Fdir ] [ -Ppro-
             logue ] [ files... ]

       コマンドラインオプションとパラメータの間に空白を含めること
       が可能です。


解説

       grops  は GNU troff の出力を PostScript に変換します。通常
       grops は groff コマンドを -Tps オプション付きで起動した 時
       に起動されます。 (groff のデフォルトです。) ファイルを指定
       しないと、 grops は標準入力を読みます。ファイル名 - を指定
       し ても、 grops は標準入力を読みます。 PostScript 出力は標
       準出力に書きます。 gropsgroff から起動する場合、 groff
       -P により、オプションを grops に渡せます。


オプション

       -bn     不良なスプーラとプレビュアのための対処をします。通
              常、 grops は Document Structuring Conventions ver-
              sion  3.0 を満たす出力を生成します。値 n は、不良プ
              ログラムが受理可能な出力を grops が行うように制御し
              ま す。 値  0 は grops に何も対処しないようにさせま
              す。 %%BeginDocumentSetup%%EndDocumentSetup  の
              コメントを生成してはならない場合 1 を加えます; 初期
              バージョンの TranScript は %%EndProlog コメントと最
              初 の  %%Page  コメントとの間で混乱させられましたの
              で、これが必要です。インクルードされたファイルで %!
              から始まる行を取り除かねばならない時には 2 を加えま
              す; Sun の pageview プレビュアで必要です。インク ル
              ードされたファイルから %%Page, %%Trailer, %%EndPro-
              log コメントを取り除かねばならない時には 4 を加えま
              す; %%BeginDocument%%EndDocument のコメントを理
              解しないスプーラに対して必要です。 PostScript 出 力
              の最初の行が %!PS-Adobe-3.0 ではなく %!PS-Adobe-2.0
              でなければならない時には 8 を加 え ま す;  Sun   の
              Newsprint  をページ逆順を要求するプリンタと共に使用
              する時に必要です。デフォルト値は

                     broken n

              コマンドを DESC ファイルに記述することで指定可能 で
              す。そうでない場合はデフォルト値は 0 です。

       -cn    各ページを n 部ずつ印刷します。

       -g     ページ長を予測します。ページ長を予測する PostScript
              コードを生成します。イメージ領域が垂直位置でペー ジ
              の 中心に有る時のみ、予測は正しいはずです。このオプ
              ションにより、変更無しで letter (8.5x11) と A4 の両
              方に印刷可能な文書を生成可能です。

       -l     文書をランドスケープ形式にて印刷します。
              ます。

       -v     バージョン番号を表示します。


使用法

       R, I, B, BI と呼ばれるスタイルがフォント位置 1 から 4 まで
       にマウントされます。フォントはファミリ A, BM, C, H, HN, N,
       P, T にまとめられ、これらのスタイル中にメンバを持ちます:

       AR     AvantGarde-Book

       AI     AvantGarde-BookOblique

       AB     AvantGarde-Demi

       ABI    AvantGarde-DemiOblique

       BMR    Bookman-Light

       BMI    Bookman-LightItalic

       BMB    Bookman-Demi

       BMBI   Bookman-DemiItalic

       CR     Courier

       CI     Courier-Oblique

       CB     Courier-Bold

       CBI    Courier-BoldOblique

       HR     Helvetica

       HI     Helvetica-Oblique

       HB     Helvetica-Bold

       HBI    Helvetica-BoldOblique

       HNR    Helvetica-Narrow

       HNI    Helvetica-Narrow-Oblique

       HNB    Helvetica-Narrow-Bold

       HNBI   Helvetica-Narrow-BoldOblique

       NR     NewCenturySchlbk-Roman

       NI     NewCenturySchlbk-Italic

       TI     Times-Italic

       TB     Times-Bold

       TBI    Times-BoldItalic

       ファミリのメンバではない以下のフォントもあります:

       ZCMI   ZapfChancery-MediumItalic

       SS   お よ び  S と呼ばれる特別なフォントも有ります。 Zapf
       Dingbats は ZD として、逆バージョンの ZapfDingbats (シンボ
       ル が逆向き) は ZDR として使用可能です; これらのフォントの
       ほとんどの文字は名前が無いので、 \N にてアクセスせねばなり
       ません。

       grops\X エスケープシーケンスにより生成された様々な X
       コマンドを理解します; gropsps: タグから始まるコマン ド
       のみを翻訳します:

       \X'ps: exec code'
              code   中の任意の PostScript コマンドを実行します。
              code 実行前に PostScript の現在位置は \X の位置に設
              定 されます。原点はページの左上になり、y 座標はペー
              ジを下ると増加します。プロシジャ u は、groff の単位
              を 有効な座標系のものに変更するように定義されます。
              例えば、

                     .nr x 1i
                     \X'ps: exec \nx u 0 rlineto stroke'

              は 1 インチ長の水平線を描画します。 code   は グ ラ
              フィッ クステートを変更し得ますが、ページの終端まで
              しか継続しません。 defmdef により指定される定義
              を 含む辞書は、辞書スタックの頭に有るでしょう。あな
              たのコードがこの辞書に 定 義 を 付 加 す る な ら、
              \X'ps mdef n'  を使用して、そのための空間を割り当て
              る必要が有ります。定義はページの終りまでしか継続 し
              ま せん。 \Y エスケープシーケンスをマクロを名付ける
              引数と共に使うと、 code を複数行に渡らせることが 出
              来ます。例えば、

                     .nr x 1i
                     .de y
                     ps: exec
                     \nx u 0 rlineto
                     stroke
                     ..
                     \Yy

              は 1 インチ長の水平線を描画する別の方法です。

       \X'ps: mdef n code'
              def と同様ですが、 coden 個まで定義を保持し得ま
              す。 grops は何個の定義を code が含むのかを知る必要
              が 有 るので、これらを含む適切な大きさの PostScript
              辞書を生成できます。

       \X'ps: import file llx lly urx ury width [ height ]'
              PostScript グラフィックスを file からインポートしま
              す。 引 数  llx,  lly,  urx,  ury  は、デフォルトの
              PostScript 座標系におけるグラフィックのバウンディン
              グ ボックスを与えます; すべて整数である必要が有りま
              す; llxlly はグラフィックの左下の x y 座標です;
              urxury  はグラフィックの右上の x y 座標です;
              widthheight は整数であり、groff の単位 で グ ラ
              フィッ クの幅と高さを与えます。グラフィックは延び縮
              みして、この幅と高さになり、グラフィックの左下角 は
              \X コマンドにて関連づけられた場所に位置します。引数
              height を省略すると、x y 方向が同等に縮尺され、指定
              した幅になります。 \X コマンドの内容は troff が解釈
              しないことに注意して下さい; グラフィックのための 垂
              直 方向の空白は自動的に付加されず、 widthheight
              の引数にスケーリングインジケータを付加することは 許
              さ れ ません。 PostScript ファイルが Adobe Document
              Structuring Conventions から成り、 %%BoundingBox コ
              メントを含む場合、 psbb リクエスト実行により、groff
              中でバウンディングボックスを自動的に取得可能です。

              -mps マクロ ( grops が groff コマンドから起動された
              時 には自動的にロードされます) は、画像を容易にイン
              ポート出来るようにする PSPIC マクロをインクルードし
              ます。フォーマットは以下です。

                     .PSPIC  [  -L  | -R | -I n ]  file [ width [
                     height ]]

              file は画像を含むファイル名; widthheight は要求
              する画像の横幅と高さです。引数 widthheight には
              スケーリングインジケータを付けても構いませ ん;   デ
              フォルトのスケーリングインジケータは i です。このマ
              クロは、画像の幅が width 以下および画像 の 高 さ が
              height  以下の範囲において、画像を x y 方向同等で縮
              尺します。デフォルトで、画像は水平的に中心に置か れ
              ま す。 -L および -R はそれぞれ画像を左寄せおよび右
              寄せします。 -I オプションは、画像を n だけインデン
              トします。

       \X'ps: invis'
       \X'ps: endinvis'
              こ れらの \X コマンドにて囲まれたテキストと描画コマ
              ンドは出力を生成しません。このコマンドは、 troff の
              出力を grops で処理する前に見るために有ります; プレ
              きますが、 grops\(em 文字を印刷し線を無視 し ま
              す。

       grops   へ の入力は troff (1) の出力形式である必要が有りま
       す。これは groff_out (5) に記載してあります。また、使用 す
       るデバイスに関するデバイス及びフォントの記述ファイルは仕様
       に合致する必要が有ります。 ps デバイスに対して提供されてい
       るデバイス及びフォントの記述ファイルは完全にこの仕様に合致
       します。 afmtodit(1) を使って AFM ファイルからフォントファ
       イ ル を生成可能です。解像度は、整数値かつ sizescale の 72
       倍の倍数である必要が有ります。 ps デバイスは解像 度  72000
       および sizescale 1000 を使用します。デバイス記述ファイルは
       コマンド

              paperlength n

       を含む必要が有ります。これは生成される出力が、ページ 長  n
       マシン単位に適していることを意味します。各フォント記述ファ
       イルはコマンド

              internalname psname

       を含む必要が有ります。これは PostScript におけるフォント名
       が psname であることを意味します。また、コマンド

              encoding enc_file

       を 含 む 場 合 も 有 り ます。これは PostScript フォントが
       enc_file に記載されたエンコード方式で再度エンコードする 必
       要が有ることを意味します; このファイルは以下の形式の行のシ
       ーケンスから成ります:

              pschar code

       ここで pschar は PostScript における文字名であり、 code は
       エンコードにおける位置を 10 進整数で表したものです。フォン
       トファイルにおいて与えられる各文字のコードは、エンコ ー ド
       ファ イ ル に お け る 文 字のコードに対応するか、もしくは
       PostScript フォントが再度エンコードされていない場 合 は デ
       フォルトエンコードにおけるコードに対応する必要が有ります。
       このコードを \N エスケープシーケンスと共に troff 中で使 う
       こ とにより文字を選択可能です。これは、文字が groff での名
       前を持たなくても可能です。フォントファイル中の全ての文字は
       PostScript  フォント中に存在することが必要であり、フォント
       ファイル中で与えられる幅は PostScript フォントで使用される
       幅 にマッチする必要が有ります。 grops は、groff における名
       前が space である文字をブランク (ページ上に何も印を付け な
       い)   で あ る と しています; これにより、効率の良い小さな
       PostScript 出力が得られます。

       grops は文書印刷に必要なダウンロード可能なフォントを自動的
       に インクルードします。要求時に grops にインクルードされる
       むファイルが Adobe Document Structuring Conventions を満た
       す 場合、 grops はファイル中のコメントを十分解釈し、出力も
       これを満たすようにします。また、 download ファイルに列挙さ
       れた必要なフォントリソースおよびファイルリソースを提供しま
       す。また、リソース間の依存関係を扱うことも可能です。 例 え
       ば、ダウンロード可能な Garamond フォントおよびダウンロード
       可能な Garamond-Outline フォントが有り、後者が前者に依存す
       ると仮定すると (概して、後者は前者のフォント辞書をコピーし
       て PaintType を変更したものと定義されます)、PostScript  文
       書中で Garamond が Garamond-Outline より前に現れる必要が有
       ります。 grops がこれを自動的に扱うため に は、  Garamond-
       Outline  用のダウンロード可能なフォントファイルが Garamond
       に依存することを Document Structuring Conventions を使用し
       て示します。例えば以下のように始めることで示します。

              %!PS-Adobe-3.0 Resource-Font
              %%DocumentNeededResources: font Garamond
              %%EndComments
              %%IncludeResource: font Garamond

       こ の場合、Garamond と Garamond-Outline を download ファイ
       ルに列挙する必要が有ります。ダウンロード可能なフォントは、
       自 身の名前を %%DocumentSuppliedResources コメントに含んで
       はなりません。

       grops%%DocumentFonts コメントを解釈しません。  %%Docu-
       mentNeededResources,          %%DocumentSuppliedResources,
       %%IncludeResource, %%BeginResource, %%EndResource コメント
       ( も しくは古い %%DocumentNeededFonts, %%DocumentSupplied-
       Fonts, %%IncludeFont, %%BeginFont, %%EndFont コメント)  は
       使用されます。


環境変数

       GROPS_PROLOGUE
              foo に設定されている場合、 grops は (フォントパス中
              の) ファイル foo をデフォルトの序文ファ イ ル  pro-
              logue  の代りに使用します。オプション -P は、この環
              境変数に優先します。


関連ファイル

       /usr/share/groff_font/devps/DESC
              デバイス記述ファイル。

       /usr/share/groff_font/devps/F
              フォント F のフォント記述ファイル。

       /usr/share/groff_font/devps/download
              ダウンロード可能なフォントのリスト。

       /usr/share/groff_font/devps/text.enc
              テキストフォント用のエンコード方法。


       /tmp/gropsXXXXXX
              一時ファイル。


関連項目

       afmtodit(1),  groff(1),  troff(1),  psbb(1), groff_out(5),
       groff_font(5), groff_char(7)



Groff Version 1.17.2      6 August 2001                  GROPS(1)

ABELNET VPSサービス