grolj4(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

grolj4

前のページ 上に戻る 次のページ

grolj4



書式

       grolj4 [ -lv ] [ -d[n] ] [ -cn ] [ -ppaper_size ] [ -wn ]
              [ -Fdir ] [ files... ]

       コマンドラインオプションとパラメータの間に空白を含めること
       が可能です。


解説

       grolj4groff のドライバであり、HP Laserjet 4 プリンタに
       適した PCL5 フォーマットの出力を生成します。

       troff のものに加え、描画コマンドとして次のものが利用可能で
       す:

       \D'R dh dv'
              現 在の位置と、現在の位置 +(dh,dv) とを対角とする罫
              線(黒く塗りつぶした矩形)を描きます。描いた後の現 在
              位置は、対角点となります。これは PCL の矩形塗りつぶ
              しコマンドを生成します。他デバイスの \D コマンド と
              異 なり HPGL/2 をサポートしないプリンタ上で動作しま
              す。


オプション

       -cn    各ページを n 回印刷します。

       -l     ランドスケープにて文書を印刷します。

       -d [n] 二重モード n を使用します: 1 は長いサイドバインディ
              ン グで、2 は短いサイドバインディングです。デフォル
              トは 1 です。

       -psize 用紙サイズを size にします。これは  letter,  legal,
              executive,  a4, com10, monarch, c5, b5, dl のいずれ
              かである必要があります。

       -v     バージョン番号を表示します。

       -wn    デフォルトの線の太さを M の横幅 (em)の1000 分 の  n
              にします。

       -Fdir   フォ ン トとデバイス記述ファイルの検索パスの前に、
              ディレクトリ dir/devlj4 を追加します。

       次の 4 個のコマンドを、 DESC ファイル中で、追加使用可能 で
       す:

       pclweight N
              整数値 N は -7 から +7 の範囲であることが必要です。
              デフォルト値は 0 です。

       pclstyle N
              整数値 N は 0 から 32767 の範囲であることが必 要 で

       /usr/share/groff_font/devlj4/ F
              F というフォントに対する記述ファイルです。

       /usr/share/tmac/lj4.tmac
              grolj4 と共に使われるマクロです。


バグ

       些細なものです。


関連項目

       groff(1),     troff(1),    groff_out(5),    groff_font(5),
       groff_char(7)



Groff Version 1.17.2      6 August 2001                 GROLJ4(1)

ABELNET VPSサービス