grolbp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

grolbp

前のページ 上に戻る 次のページ

grolbp




書式

       grolpb [ -l ] [ --landscape ] [ -v ] [ --version ] [ -cn ]
              [ --copies=numcopies ] [ -ppaper_size ] [ --paper-
              size=paper_size ] [ -oorientation ] [ --orienta-
              tion=orientation ] [ -Fdir ] [ --fontdir=dir ]
              [ -h ] [ --help ] [ files... ]


解説

       grolbpgroff のドライバであり、Canon LBP-4 と LBP-8  プ
       リンタに適した CPSL と VDM 形式の出力を生成します。

       grolj4 との互換性のために troff のものに加え、描画コマンド
       として次のものが利用可能です:

       \D'R dh dv'
              現在の位置と、現在の位置 +(dh,dv) とを対角とする 罫
              線 (つまり黒く塗りつぶした矩形) を描きます。


オプション

       1 文字オプションとその引数との間には空白があってもなくても
       構いませんが、長いオプション名とその引数との間には空白と、
       または等号記号 (`=') が必要なことに注意してください。

       -cnumcopies
       --copies=numcopies
              各ページを numcopies 回印刷します。

       -l
       --landscape
              landscape にて文書を印刷します。

       -ppaper_size
       --papersize=paper_size
              用紙サイズを paper_size にします。 paper_size は B>用
              B>紙B>サB>イB>ズ節で示された有効なサイズ種別である必要が あ
              ります。

       -oorientation
       --orientation=orientation
              文 書 を orientation 方向に印刷します。 orientation
              は `portrait' または `landscape' である必要がありま
              す。

       -v
       --version
              バージョン番号を表示します。

       -Fdir
       --fontdir=dir
              フォ ン ト とデバイス記述ファイルの検索パスの前に、
              ディレクトリ dir/devlbp を追加します。

    +----------------+-----------+--------+----------+--------------+
    |     書体       |  Regular  |  Bold  |  Italic  |  Bold-Italic |
    +----------------+-----------+--------+----------+--------------+
    | Dutch          |    TR     |   TB   |    TI    |      TBI     |
    +----------------+-----------+--------+----------+--------------+
    | Swiss          |    HR     |   HB   |    HI    |      HBI     |
    +----------------+-----------+--------+----------+--------------+
    | Swiss Narrow   |    HNR    |  HNB   |   HNI    |     HNBI     |
    +----------------+-----------+--------+----------+--------------+
    | Courier        |    CR     |   CB   |    CI    |              |
    +----------------+-----------+--------+----------+--------------+
    | Elite          |    ER     |   EB   |    EI    |              |
    +----------------+-----------+--------+----------+--------------+


用紙サイズ

       用紙サイズは DESC ファイルまたは grolbp に対するコマンド行
       オプションで指定できます。用紙サイズが両方で指定された場合
       は、コマンド行オプションが DESC ファイルの内容よりも優先さ
       れます (この原則はページの向きにも適用されます)。

       DESC ファイルで用紙サイズを 設 定 す る に は、  papersize
       desired_papersize,  を含んだ行をそのファイルに記入します。
       desired_papersize は次のうちのいずれかです:

       o   認識される用紙サイズのう ち  1   つ:  `a4',  `letter',
           `legal',  `executive'

       o   B>カB>スB>タB>ムB>用B>紙B>サB>イB>ズ小節で説明するカスタム定義された用紙
           サイズ

       o   希望の用紙サイズが上記形式のいずれかで 1 行目に書か れ
           ているファイル名 (例えば /etc/papersize)

       有 効な papersize 行が複数 DESC ファイルに書かれている場合
       には、最初の有効なもののみが使用されます。

       コマンド行で用紙サイズを設定するには、

         -p desired_papersize

       または

         --papersize=desired_papersize

       を他の grolbp オプションに加えます。 desired_papersizeDESC ファイルと同じ形式です。

       用 紙 サ イ ズには大文字小文字の区別はありません (すなわち
       `A4' は `a4' と同じです)。

       DESC ファイルやコマンド行で用紙サイズが指定されなかった 場
       合には、デフォルトサイズの A4 が使用されます。
       ペ ー ジ サ イ ズと同様、印刷ページの向き (portrait または
       landscape) は DESC ファイルまたはコマンド行オプションで 指
       定できます。ここでも大文字小文字の区別はありません。

       DESC ファイルで向きを設定するには、以下の行を書きます:

         orientation [portrait|landscape]

       用 紙 サ イ ズと同じように、 DESC ファイル中の最初の有効な
       orientation コマンドのみが使用されます。

       コマンド行オプションでページ向きを設定するには DESC ファイ
       ル と同じパラメータ (portrait または landscape) を -o また
       は --orientation オプションで指定します。また -l オプ ショ
       ンによる強制的な landscape でのページ印刷も可能です。


フォントファイル形式

       groff_font(5)   に 記 述 さ れている通常コマンドに加えて、
       grolbp は要求された時にプリンタに送るフォント名を指定す る
       コ マンド lbpname を用意しています。このコマンドの文法は次
       のとおりです:

         lbpname printer_font_name

       o      ビットマップフォントでは printer_font_name は次の形
              式です。

                N<base_fontname><font_style>

              base_fontname  はプリンタのフォントリストに現れる名
              前から最初の 1 文字を除いたフォントサイズまで (フォ
              ントサイズは含まない) のフォント名です。 font_styleR, I, B のうちの 1 文字 で、 そ れ ぞ れ  Roman,
              Italic, Bold のフォントスタイルを示しています。

              例 え ば、 プ リ ン タ の font listing A がフォント
              `Nelite12I.ISO_USA' を表示した場合、フォン ト 設 定
              ファイルの対応する項目は次のものになります。

                lbpname NeliteI

              た だし (前述した) 利用可能なビットマップフォントの
              フォント名とフォントサイズはプログラム中にハード コ
              ー ドされているため、新しいビットマップフォントを追
              加でサポートするには grolbp を書き換える必要があ る
              ことに注意してください。

       o      スケーラブルフォントでは、 printer_font_name はプリ
              ンタの font listing A に表示されるフォント名と同 じ
              です。

              例 え ば、プリンタの font listing A に `Swiss-Bold'

       /usr/share/groff_font/devlbp/F
              F というフォントに対する記述ファイルです。


関連項目

       groff(1),     troff(1),    groff_out(5),    groff_font(5),
       groff_char(7)



Groff Version 1.17.2      26 April 2001                 GROLBP(1)

ABELNET VPSサービス