grog(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

grog

前のページ 上に戻る 次のページ

grog



書式

       grog [ -option ...  ] [ files...  ]


解説

       grogfiles を読取って groff(1) のオプション -e, -man,
       -me, -mm, -ms, -mdoc, -mdoc-old, -p, -R, -g, -G, -s, -t の
       中 で ど のオプションが files を印字するために必要かを推測
       し、それらのオプションを含んだ形での groff コマンドを標 準
       出 力に書き出します。ファイル名として - を指定した場合は標
       準入力を参照します。ファイルが指定されなかった場合も標準入
       力を読み取ります。指定したオプションはすべて書き出されるコ
       マンドに含まれます。オプションとその引数の間に空白を入れて
       はいけません。認識されるオプションは、互換モードを有効にす
       る -C (本オプションも渡されます) と、バージョン番号を表 示
       する -v だけです。

       例えば、

              `grog -Tdvi paper.ms`paper.ms   を印字する適切なコマンドを推測し -Tdvi オプ
       ションを追加してから実行します。


関連項目

       doctype(1), groff(1), troff(1),  tbl(1),  pic(1),  eqn(1),
       refer(1), grn(1), grap(1), soelim(1)



Groff Version 1.17.2      6 August 2001                   GROG(1)

ABELNET VPSサービス