groff(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

groff

前のページ 上に戻る 次のページ

groff




書式

       groff [ -abeghilpstvzCEGNRSUVXZ ] [ -wname ] [ -Wname ]
             [ -mname ] [ -Fdir ] [ -Idir ] [ -Tdev ] [ -ffam ]
             [ -Mdir ] [ -dcs ] [ -rcn ] [ -nnum ] [ -olist ]
             [ -Parg ] [ -Larg ] [ files... ]

       コマンドラインオプションとパラメータの間に空白を含めること
       が可能です。


解説

       groff は、groff ドキュメントフォーマットシステムのフロント
       エンドプログラムです。通常 grofftroff を実行し、その出
       力を指定されたデバイスで扱うための後処理プログラムを実行し
       ます。利用可能なデバイスは以下のとおりです:

       ps     PostScript プリンタやプレビュア。

       dvi    TeX の dvi フォーマット。

       X75    75dpi の X11 プレビュア。

       X100   100dpi の X11 プレビュア。

       ascii  タイプライタに似た特性を持つデバイス。

       latin1 ISO Latin-1 (ISO 8859-1) 文字集合を利用するタイプラ
              イタに似た特性を持つデバイス。

       koi8-r ロシア語 KOI8-R 文字集合を利用するタイプライタに 似
              た特性を持つデバイス。

       utf8   UTF-8 エンコーディングの Unicode (ISO 10646) 文字集
              合を利用するタイプライタに似た特性を持つデバイス。

       cp1047 EBCDIC コードページ IBM cp1047 を利用するタイプライ
              タに似た特性を持つデバイス (例えば OS/390 Unix)。

       lj4    HP LaserJet4 互換 (または他の PCL5 互換) プリンタ。
              lbp Canon CAPSL プリンタ用 (LBP-4 と LBP-8 シリーズ
              のレーザプリンタ)。

       html   HTML 出力を行います。

       指定されたデバイス用の後処理を行うプログラムは、デバイス記
       述ファイルの postpro コマンドにより指定されています。こ れ
       は -X オプションにより変更できます。

       デフォルトのデバイスは ps です。 pic, eqn, grn, grap, tbl,
       refer, soelim の任意の前処理を行わせることもできます。

       引数を伴わないオプションは - のあとにまとめて続けること が

       -G     grap を使用して前処理を行います。

       -p     pic を使って前処理を行います。

       -s     soelim を使って前処理を行います。

       -Idir  このオプションは soelim(1) に記述されています。この
              オプションは -s オプションを暗黙的に指定します。

       -R     refer を使って前処理を行います。 refer に引数を渡す
              機 構 は用意されていません。 refer のほとんどのオプ
              ションは、ファイル中に記述することができる等価な コ
              マ ンドを備えているからです。詳しくは refer(1) のマ
              ニュアルを参照してください。

       -v     groff から起動されるプログラムのバージョン番号を 表
              示します。

       -V     実行しないで、 groff で実行される処理内容を標準出力
              に表示します。

       -z     troff からの出力を捨てます。エラーメッセージのみ が
              表示されます。

       -Z     troff からの出力を後処理しません。通常 groff は、自
              動的に適当な後処理プログラムを起動します。

       -Parg  後処理プログラムに arg を引数として渡します。別々の
              引 数 は 別々の -P オプションで指定する必要がありま
              す。 groff は、 arg の前に - をつけてコマンドに渡し
              たりしないことに注意してください。

       -l      プリンタのスプーラへ出力します。印字出力に用いられ
              るコマンドは、デバイス記述ファイルの print コマンド
              によって指定されます (これが存在しない場合には、 -l
              は無効果です)。

       -Larg  arg をプリンタスプーラプログラムに渡します。別々 の
              引 数は、別々の -L オプションで指定する必要がありま
              す。 groff は、 arg の前に - をつけてコマンドに渡し
              た りしないことに注意してください。デバイス記述ファ
              イルに print コマンドが無い場合には、 -L は無視され
              ます。

       -Tdev  デバイス dev 用に出力します。デフォルトのデバイスは
              ps です。

       -X     通常の後処理プログラムのかわりに、 gxditview を起動
              し て プ レ ビュ ー し ます。 groffgxditview-printCommand オプションを渡します。このオプショ ン
              は  groff-l オプション指定時に実行される Print

       -b
       -i
       -C
       -E
       -wname
       -Wname
       -mname
       -olist
       -dcs
       -rcn
       -Fdir
       -Mdir
       -ffam
       -nnum   これらのオプションの詳細は、 troff(1) に記述してあ
              ります。


環境変数

       GROFF_COMMAND_PREFIX
              もしこの変数が X に設定されてい る と、  grofftroff のかわりに Xtroff を起動します。これは、 tbl,
              pic, eqn, grn, refer, soelim にも同様に影響します。
              grap,  gropos,  grodvi,  grotty,  grolj4,  grohtml,
              gxditview には影響しません。

       GROFF_TMAC_PATH
              デフォルトディレクトリに加えて、マクロファイルを 検
              索 すべきディレクトリのリスト (リストの区切りはコロ
              ンです)。更なる詳細は troff(1) を参照してください。

       GROFF_TYPESETTER
              デフォルトのデバイス

       GROFF_FONT_PATH
              デフォルトディレクトリに加えて、 devname という名前
              のディレクトリを検索すべきディレクトリのリスト ( リ
              ストの区切りはコロンです)。更なる詳細は troff(1) を
              参照してください。

       GROFF_BIN_PATH
              この検索パスは、 groff が起動するコマンドのために、
              PATH の前に使用されます。設定しないと、 PATH の前に
              `/usr/bin' が追加されます。

       GROFF_TMPDIR
              一時的なファイルが作成されるディレクト リ。 も し、
              GRROFF_TMPDIR  が設定されておらず、 TMPDIR が設定さ
              れているなら、 TMPDIR で示されるディレクトリに一 時
              ファ イルが生成されます。さもなければ、一時ファイル
              は /tmp に作られます。 grops(1)refer(1) が一 時
              ファイルを作成する可能性があります。


関連ファイル

       コマンドを使用します:

              groff -mandoc -Tlatin1 foo.1 | less

       また、次のようにも使用できます:

              groff -m mandoc -Tlatin1 foo.1 | less


作者

       James Clark <jjc@jclark.com>


バグ

       バグレポートは、bug-groff@gnu.org までお願いします。レポー
       トの際にはバグを再現できる完全な例題を添付し、あなたの利用
       している groff のバージョンを添えて下さい。


COPYRIGHT

       Copyright (C) 1989-2000 Free Software Foundation, Inc.

       groff はフリーソフトウェアです。Free  Software  Foundation
       か ら 出版されている the GNU General Public License の ver
       2.0 かそれ以降に基づく限り再配布したり、変更することが可能
       です。

       groff は使い易いツールとして配布されることを望まれています
       が、どのような保証もありません。それが商業的であってもある
       特定の目的に対するだけであっても保証はありません。詳しくは
       GNU の General Public License を参照して下さい。

       あなたは groff のコピーを GNU General Public License と 共
       に 受けとっているはずです。その COPYING を参照して下さい。
       そうでない場合には、 Foundation, 59 Temple Place  -  Suite
       330, Boston, MA 02111-1307, USA まで御連絡下さい。


入手性

       最 新の groff はたいてい ftp.gnu.org の gnu/groff ディレク
       トリに置かれており、 anonymous ftp で入手できます。

       groff のみが、Ted Faber <faber@lunabase.org> が記述した 自
       由に入手可能な grap 実装をサポートします。実物は、次のとこ
       ろにあります:

              http://www.lunabase.org/~faber/Vault/software/grap/


関連項目

       grog(1),   troff(1),   tbl(1),   pic(1),  eqn(1),  grn(1),
       grap(1),   soelim(1),   refer(1),   grops(1),   grodvi(1),
       grotty(1), grolj4(1), grolbp(1), grohtml(1), gxditview(1),
       groff_font(5),  groff_out(5),  groff_man(7),  groff_ms(7),
       groff_me(7), groff_char(7)



ABELNET VPSサービス