grodvi(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

grodvi

前のページ 上に戻る 次のページ

grodvi



書式

       grodvi [ -dv ] [ -wn ] [ -Fdir ] [ files...  ]

       コマンドラインオプションとパラメータの間に、空白を置くこと
       が可能です。


解説

       grodvi は TeX のdvi形式を出力する groff のドライバで、通常
       groff -Tdvi  と実行されます。これは troff -Tdvi を実行する
       ので、マクロ /usr/share/tmac/dvi.tmac も読み込まれますし、
       入  力  が   eqn     に よっ て 前 処 理 さ れ て い れ ば
       /usr/share/groff_font/devdvi/eqnchar も読み込まれます。

       grodvi によって生成された dvi ファイルは、正しく設計された
       ど のような dvi ドライバででも表示できます。troff の基本的
       な描画機能は、tpic バージョン 2 の特殊機能(special)を用 い
       て 実装されています。 dvi ドライバがこれらをサポートしてい
       ない場合は、 \D コマンドは何も出力しません。

       troff のものに加え、描画コマンドとして次のものが利用可能で
       す:

       \D'R dh dv'
              現 在の位置と、現在の位置 +(dh,dv) とを対角とする罫
              線(黒く塗りつぶした矩形)を描きます。描いた後の現 在
              位置は、対角点となります。これは dvi ファイル内に罫
              線を出力するため、他の \D コマンドと異なり、たと え
              ド ライバが tpic の特殊機能に対応していなくとも印刷
              することができます。

       \X'anything' という groff のコマンド は、  TeX   で  \spe-
       cial{anything} と記述した時と同様の dvi ファイル中コマンド
       に変換されます。 anything に改行が入っていてはいけません。

       grodvi   の用いるフォントファイルは、 tfmtodit(1) によって
       tfm ファイルから作成できます。フォント記述ファイルには以下
       のような追加情報が含まれていなければなりません:

       internalname name
                     name は (拡張子 tfm を除いた) tfm ファイル名
                     です。

       checksum n    n は tfm ファイルのチェックサムです。

       designsize n  n は tfm ファイルのデザインサイズです。

       これらは tfmtodit によって自動生成されます。

       troff では、エスケープシーケンス \N で指定すること に よっ
       て、 対 応 する位置にある tfm ファイル内の文字を参照できま
       す。このようにして tfm ファイルの全ての文字を参照 可 能 で
       す。


関連ファイル

       /usr/share/groff_font/devdvi/DESC
              デバイス記述ファイルです。

       /usr/share/groff_font/devdvi/F
              F というフォントに対する記述ファイルです。

       /usr/share/tmac/dvi.tmac
              grodvi と共に使われるマクロです。


バグ

       grodvi  によって生成される dvi ファイルは、 TeX によって生
       成されるものとは解像度が異なっています(1インチにつ き57816
       単 位)。このため、dvi ファイルに指定されている解像度を参照
       せずに TeX で使われている解像度を想定しているような、正 し
       く 設計されていないドライバは、grodvi ではうまく動作しませ
       ん。

       箱状の表に対して -d オプションを使った場合、時に水平・垂直
       な 直 線 が 1 ピクセル突き出てしまうことがあります。これは
       TeX の指定する方法で罫線の縦横の長さを丸めているためです。


関連項目

       tfmtodit(1),     groff(1),     troff(1),     groff_out(5),
       groff_font(5), groff_char(7)



Groff Version 1.17        26 April 2001                 GRODVI(1)

ABELNET VPSサービス