gencat(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

gencat

前のページ 上に戻る 次のページ

gencat




解説

     gencat ユーティリティは、テキストの NLS 入力ファイル input-files... をマ
     ージして、整形済みメッセージカタログファイル output-file を出力します。
     ファイル output-file が存在しなかった場合には、作成されます。 output-file
     が存在した場合、これに含まれるメッセージは新しい output-file に含まれま
     す。セット番号およびメッセージ番号が衝突する場合、 input-files... 中の新
     しいメッセージテキストで、現在 output-file に含まれる古いメッセージテキス
     トを置き換えます。


入力ファイル

     メッセージテキストのソースファイル書式は次のように定義されます。メッセー
     ジテキストソースの行におけるフィールドは、単一の空白文字で区切られること
     に注意してください: これより多くの空白文字はフィールドの内容の一部とみな
     されます。

     $set n comment
          この行は、後続するメッセージのセット識別子を指定します。これは、次の
          $set またはファイルの終りまで有効です。引数 n はセット識別子であ
          り、[1, (NL_SETMAX)] の範囲の数値として定義されます。セット識別子
          は、単一のソースファイル中では昇順で登場する必要がありますが、連続し
          ている必要はありません。セット識別の後に空白を狭んで続く文字列は、コ
          メントとして扱われます。あるソースファイル中に $set ディレクティブが
          まったくない場合、全メッセージがデフォルトメッセージセット NL_SETD
          に置かれます。

     $del n comment
          この行は、セット n のメッセージをメッセージカタログから削除します。
          n はセット番号を指定します。セット番号に空白を狭んで続く文字列は、コ
          メントとして扱われます。

     $ comment
          文字 $ で開始し空白が続く行は、コメントとして扱われます。

     m message-text
          メッセージ識別子 m を含むメッセージ行です。メッセージ識別子の範囲は
          [1, (NL_MSGMAX)] です。 message-text は、最後の $set ディレクティブ
          で指定されたセット識別子および m で指定されるメッセージ識別子で、
          メッセージカタログに格納されます。 message-text が空でありメッセージ
          識別子に続いて空白文字が有る場合、空白文字列がメッセージカタログに格
          納されます。 message-text が空でありメッセージ識別子に続いて空白文字
          が無い場合、現在のセットにおける指定されたメッセージ識別子の既存の
          メッセージが、カタログから削除されます。メッセージ識別子は、単一の
          セットの中では昇順である必要がありますが、連続している必要はありませ
          ん。 message-text の長さは [0, (NL_TEXTMAX)] の範囲である必要があり
          ます。

     $quote c
          この行は、オプションのクォート文字 c を指定します。これを
          message-text を囲むために使用して、末尾の空白や空メッセージがメッセ
          ージソースファイル中で見えるようにします。デフォルトでは、または空の
          $quote ディレクティブが指定された場合には、 message-text のクォート
           \f    フォームフィード
           \\    バックスラッシュ
           \ooo  範囲 [000, 377] の 8 進数

     ファイル中では、行末にバックスラッシュ文字を置いて、次の行に継続すること
     が可能です。例えば次のようにします:

           1 This line is continued \
           on this line.

     バックスラッシュに続く文字が上述のいずれでもない場合、バックスラッシュは
     無視されます。


診断

     ユーティリティ gencat は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了
     します。


関連項目

     catclose(3), catgets(3), catopen(3)


規格

     gencat ユーティリティは X/Open Portability Guide Issue 4 (``XPG4'') 互換
     です。


作者

     本マニュアルページを Ken Stailey が記述し、 Terry Lambert が更新しまし
     た。


バグ

     空の入力ファイルから作成されたメッセージカタログファイルは更新できませ
     ん。消去して再作成してください。

FreeBSD 4.4                      June 11, 1997                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス