gcore(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

gcore

前のページ 上に戻る 次のページ

gcore




解説

     gcore は指定したプロセスのコアイメージを生成します。このコアイメージは
     gdb(1) で用いるのに適したものです。デフォルトでは、コアはファイル
     ``core.<pid>'' に書き出されます。プロセス ID pid をコマンドラインで指定す
     る必要があります。実行可能イメージは指定されない場合、 gcore は
     ``/proc/<pid>/file'' を使用します。

     オプションは以下の通りです:

     -c      コアファイルを ``core.<pid>'' ではなく、指定したファイルに書き出
             します。

     -s      コアイメージを集める間プロセスを停止し、集め終わったらプロセスを
             再開させます。これにより、生成されたコアダンプが一貫性のとれた状
             態になっていることを保証できます。プロセスはたとえ既に停止してい
             ても、再開されます。同じ効果は kill(1) を用いて手動で行うことも可
             能です。


関連ファイル

     core.<pid>         コアイメージ
     /proc/<pid>/file   実行可能イメージ


歴史

     gcore は 4.2BSD から登場しました。


バグ

     gcore 動作中にコンテキスト切り替えやページング動作が発生すると混乱しま
     す。最善の結果を得るには、-s を用いて目的プロセスを一時停止させて下さい。

     gcore はオリジナルの 4.2BSD バージョンと互換ではありません。

FreeBSD 4.4                     April 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス