g711conv(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

g711conv

前のページ 上に戻る 次のページ

g711conv




解説

     g711conv は isdn4bsd パッケージの一部分です。 ITU G.711で規定されている
     A-Law と u-law フォーマット間の変換に使われます。このコマンドは Sun
     Microsystems, Inc. によって実装されたリファレンス実装に基づいています。
     Sun Microsystems, Inc. のリファレンス実装は自由に入手可能で自由に利用する
     ことができます。

     以下のオプションが利用可能です:

     -a      A-law から u-law へ変換します。

     -u      u-law から A-law へ変換します。

     -r      変換前にビット反転を行います。

     -R      変換後にビット反転を行います。

     -P      実際の変換をする代わりに、標準出力に結果として生じる変換テーブル
             を (C のソースとして) 表示します。


規格

     A-Law と u-law 間の変換方法は、 ITU Recommendation G.711 で規定されていま
     す。

     参考になる実装は Sun Microsystems, Inc. によって行われており、これは
     http://www.itu.int/itudoc/itu-t/rec/g/g700-799/refimpl.txt から参照できま
     す。


使用例

     次のコマンド:

           g711conv -P -a

     は標準出力に C のソースとして A-law から u-law への変換テーブルを表示しま
     す。

     次のコマンド:

           cat max_headroom.ul | g711conv -u -R > /dev/i4btel0

     は u-law 形式の Max Headroom の音声を A-law へ変換して変換結果のビットを
     逆にし、そしてアクティブな isdn4bsd 電話コネクションへデータを送ります。


作者

     g711conv ユーティリティとこのマニュアルページは Hellmuth Michaelis
     <hm@kts.org> が書きました。これらは Sun Microsystems, Inc. が書いた G.711
     変換リファレンスコードと、
     Stefan Bethke が isdn4bsd へ寄贈したコードに基づいています。

FreeBSD 4.4                     March 15, 1999                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス