fstat(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fstat

前のページ 上に戻る 次のページ

fstat




解説

     fstat は、現在オープンされているファイルについての情報を表示します。オー
     プンされているファイルとは、プロセスによって明示的にオープンされているも
     の、ワーキングディレクトリ、ルートディレクトリ、アクティブな実行可能テキ
     ストや、カーネルのトレースファイルなどを指します。引数が何も与えられなけ
     れば、 fstat はシステム中でオープンされているすべてのファイルについての情
     報を表示します。

     オプション:

     -f      表示する情報を、 filename で指定されたファイルと同じファイルシス
             テムのものに制限します。引数が指定されていない場合は、カレント
             ディレクトリを含むファイルシステムのものに制限されます。たとえ
             ば、 /usr/src 以下のディレクトリでオープンされているすべてのファ
             イルを見つけるには、 ``fstat -f /usr/src'' としてください。

     -M core
             名前に関するリストから値を取り出す際、デフォルトの /dev/kmem のか
             わりに core を使います。

     -N system
             名前のリストを取り出す際、デフォルトの /kernel のかわりに system
             を使います。

     -m      メモリマップされたファイルをリストに含めます。更なる処理が必要で
             あるため、通常はこれらは除外されています。

     -n      数値フォーマットで表示を行います。マウントポイントの名前を表示す
             るかわりに、そのファイルシステムにおけるデバイス番号 (メジャー、
             マイナー) を表示します。特殊ファイルに関しては、 /dev の下のファ
             イル名は参照されず、特殊デバイスのデバイス番号が表示されます。ま
             た、ファイルの属性も記号ではなく、8 進数で表示されます。

     -p pid  指定されたプロセス ID のプロセスによってオープンされているすべて
             のファイルの情報を表示します。

     -u user
             指定されたユーザによってオープンされているすべてのファイルの情報
             を表示します。

     -v      詳細報告モード。システムのデータ構造体を見つけるのに失敗した場合
             などにエラーメッセージを表示します (デフォルトでは無視します)。こ
             れらの構造体の多くは、動的に生成されたり消去されたりするもので、
             fstat を実行中に消えてしまう可能性があります。これは、 fstat 実行
             中にも、システムの残りの部分が動いているためで、ごく普通のことで
             すし、避けることはできません。

     filename ...
             表示する情報を、指定されたファイル filename に限定します。

     以下のような項目が表示されます。
                  mmap    - メモリマップされたファイル

            ファイル番号のあとにアスタリスク記号 ``*'' がある場合は、ファイル
            は inode ではなく、ソケットや FIFO であったり、そのファイルにエラ
            ーがあるのかもしれません。この場合、残りの行は後ろのヘッダと一致し
            ません。 -- 行のフォーマットは、 ソケットのところで説明します。

     MOUNT  -n オプションが指定されていなければ、このヘッダが現れます。マウン
            トされているパス名は、ファイルが存在しているファイルシステムです。

     DEV    -n が指定されると、このヘッダが現れます。ファイルが存在しているデ
            バイスのメジャー番号とマイナー番号です。

     SZ|DZ  ファイルがキャラクタデバイスファイルやブロックデバイスファイルでな
            ければ、そのファイルのバイト数を表示します。デバイスファイルあって
            -n が指定されていなければ、その特殊ファイルの /dev における名前を
            表示します。 /dev になかったり、 -n が指定されていたりすると、スペ
            シャルデバイスが参照するメジャー番号、マイナー番号を表示します。

     R/W    このフィールドには、ファイルのアクセス属性が表示されます。 ``r''
            の場合は、ファイルが読み込みのためにオープンされていることを意味し
            ます。 ``w'' の場合は、ファイルが書き込みのためにオープンされてい
            ることを意味します。このフィールドは、ファイルシステムを読み込み専
            用状態に移行する際に、それを妨げているプロセスを見つける場合に役に
            立ちます。

     NAME   filename が指定されていて、 -f が指定されていなければ、このフィー
            ルドが表示され、指定されたファイルに関連する名前が表示されます。普
            通、この名前は決まったものではありません。というのも、オープンされ
            たファイルから、ディレクトリ中のエントリへの逆のマッピングは存在し
            ないからです。また、異なるディレクトリエントリが同じファイルを参照
            していることもある ( ln(2) を参照) ため、表示されている名前は、プ
            ロセスがオープンした元のファイルの実際の名前と異なっているかもしれ
            ません。


ソケット

     オープンしているファイルのフォーマットは、プロトコルのドメインに依存しま
     す。最初のフィールドはドメイン名で、2 番目のフィールドはソケットの型
     (stream や dgramなど)、3 番目はソケットフラグのフィールド (16 進数) で
     す。残りのフィールドはプロトコルに依存します。tcp の場合は、 tcpcb のアド
     レスですし、udp の場合は inpcb (ソケット pcb) のアドレスです。 UNIX ドメ
     インソケットの場合はソケット pcb のアドレスと (もし接続すれば) 接続先 pcb
     のアドレスです。それ以外の場合はプロトコル番号とソケット自身のアドレスが
     表示されます。 netstat(1) と重複しない範囲で、詳しく分析するのに十分な情
     報を表示しようとします。

     たとえば、上で述べたアドレスは ``netstat -A'' コマンドで表示される tcp,
     udp, UNIX ドメインのそれぞれのアドレスです。ただし、パイプはソケットを用
     いて実装されているので、パイプは接続先の UNIX ドメインストリームソケット
     として現れることに注意してください。単方向 UNIX ドメインソケットは、向き
     を持った矢印 (``<-'' か ``->'') として表示され、双方向 (全二重) UNIX ドメ
     インは二重矢印 (``<->'') として表示されます。

ABELNET VPSサービス