from(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

from

前のページ 上に戻る 次のページ

from




解説

     from は、起動したユーザのポストオフィス(デフォルトは /var/mail/* )を読ん
     で、メールのヘッダを表示します。

     オプション:

     -c          メッセージ数を表示するだけで、終了します。

     -f file     デフォルトのポストオフィス( /var/mail/* のファイル)のかわり
                 に、指定された file を読んでメールのヘッダを表示します。この
                 とき、引数 user は無視されます。ファイル名が - の場合、標準有
                 力より読み込みます。

     -s sender   From アドレス(メールの送り手)に、 sender で指定された文字列を
                 含むメールに関するものだけを表示します。

     user が与えられると、指定された user のポストオフィスをチェックします(権
     限が必要です)。


環境変数

     MAIL        セットされている場合、コマンドを起動したユーザのメールボック
                 スとなります。指定されていない場合には /var/mail のデフォルト
                 のものが使用されます。


関連ファイル

     /var/mail/*  メールのポストオフィス


関連項目

     biff(1), mail(1)


歴史

     from コマンドは 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                    December 30, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス