forw(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

forw

前のページ 上に戻る 次のページ

forw



SYNOPSIS

       forw    [+folder]    [msgs]    [-annotate]   [-noannotate]
            [-draftfolder +folder]            [-draftmessage msg]
            [-nodraftfolder]      [-editor editor]      [-noedit]
            [-filter filterfile]    [-form formfile]    [-format]
            [-noformat] [-inplace] [-noinplace] [-mime] [-nomime]
            [-whatnowproc program] [-nowhatnowproc] [-help]

     forw   [+folder]   [msgs]   [-digest list]   [-issue number]
            [-volume number] [other switches for forw] [-help]


DESCRIPTION

       forw  は、他のメッセージを含んだメッセージを作るために使わ
       れます。メッセージ・フォーム(comp 参照)から、新しいメッ セ
       ー ジ を作り、転送されるメッセージをボディ部分に含めます。
       comp 同様にエディタが呼び出され、編集が終わると、メッセ ー
       ジが送られる前にユーザーに質問をしてきます。

       転送されるメッセージを含む場合の、デフォルトのメッセージ・
       フォームは次の通りです。

            To:
            cc:
            Subject:
            --------

       もし、ユーザーの MH ディレクトリの中に "forwcomps" とい う
       名前のファイルがある場合には、このフォームに代わって、それ
       が使われます。いずれの場合も、`-form formfile' が指定さ れ
       た場合はそのファイルが使われます。

       もし、ドラフトが既に存在する場合、 forw はそのドラフトをど
       うするのかを聞いて来ます。 quit と答えると、ドラフトをその
       まま残して、forw を終了し、 replace では存在するドラフトを
       空の雛型で置き換え、 list ではドラフトを表示します。

       もし、`-annotate' オプションが指定されると、転送されるメッ
       セージには次に示すような注釈が付けられます。

            Forwarded: 日付
            Forwarded: アドレス

       アドレスリストは要求されるだけ多くの行になり得ます。この注
       釈はメッセージが forw から直接送られた時にだけ付けら れ ま
       す。 も し、メッセージが forw からすぐには送られずに、後に
       "comp -use" などで再編集してから送られた場合、この注釈付け
       は行なわれません。 `-inplace' オプションが指定されると、注
       釈が付けられるメッセージのハードリンクを保持するために、移
       動・コピー等せずに、そのファイル自身に注釈付けが行なわれま
       す。

       `-editor' や `-noedit' オプションに関しては comp (1) を 参
       メッセージ・フィルタ(`-format' 指定時)は次の通りです。

            width=80,overflowtext=,overflowoffset=10
            leftadjust,compress,compwidth=9
            Date:formatfield="%<(nodate{text})%{text}%|%(tws{text})%>"
            From:
            To:
            cc:
            Subject:
            :
            body:nocomponent,overflowoffset=0,noleftadjust,nocompress

       も し、ユーザーの MH ディレクトリに "mhl.forward" という名
       前のファイルがある場合、このフォームに代わってそれが使われ
       ま す。いずれの場合も、`-filter filterfile' が指定された場
       合はそのファイルが使われます。まとめると次のようにな り ま
       す。  `-noformat' は転送されるそれぞれのメッセージをそのま
       ま使い、 `-format' は mhl とデフォルトのフィルタ・ ファ イ
       ル、 つまり "mhl.forward" を使い、 `-filter filterfile' は
       転送されるそれぞれのメッセージ を mhl で整形する際に指定の
       フィルタ・ファイルを使います。

       転 送 されるそれぞれのメッセージは、取り込み区切りで分割さ
       れ、転送されるメッセージの各行の最初の文字がダッ シュ(`-')
       である場合、その前に `- ' が付けられます。これは受けとった
       際に、メッセージを burst (1) で分割するのに適していま す。
       これは RFC-934 に従った方式です。

       prompter (1)   の ユ ー ザ ーは、 .mh_profile ファイル内で
       prompter に `-prepend' オプションを指定すると、任意の注 釈
       テキストを転送されるメッセージの前に挿入出来ます。

       メッ セージの包含に MIME ルールを使う場合には、 `-mime' オ
       プションを使います。これにより forwmhn 処理を行なう た
       め のファイルを作ります。このファイルは送り出す前に mhn で
       処理する必要があります。

       .mh_profile に以下の行を追加しない限り、 MH は、自動的には
       mhn は呼び出さない事に注意して下さい。

            automhnproc: mhn

       これをしない時は、ドラフトを送る前に明示的に以下のコマンド
       を使わなければなりません。

            What now? edit mhn


       この幾つかの作業を自動で行なわせるためには、 prompter に対
       す る  rapid という名前のリンクを作り、以下の行を .mh_pro-
       file に追加します。

            <CTRL-D>
            --------

            What now? edit
            What now? send

       edit コマンドは自動的に mhn を呼び出します。

       `-draftfolder +folder' と `-draftmessage msg' オプションは
       MH のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。これは進んだ(そ
       して極めて有用な)仕様です。詳し く は  mh-profile (5)   の
       Draft-Folder 部分などを参照して下さい。

       エディタを終了する際、forwwhatnow プログラムを呼び出し
       ます。使えるオプションに関しては whatnow (1) を見 て 下 さ
       い。このプログラムを呼び出す事は `-nowhatnowproc' オプショ
       ンで抑制出来ます (本当のことを言うと、最初の編集を開始する
       プログラムが whatnow です。従って、`-nowhatnowproc' は全て
       の編集を抑制します)。

       `-digest list'、`-issue number'、そし て  `-volume number'
       オプションは、 MH のダイジェスト機能のために設計されていま
       す。これにより、メーリングリスト `list' のダイジェスト( ま
       と め 送 り) を 作 成する事が出来ます。 `-issue number' や
       `-volume number' オプションが指定されない場合に関 し て は
       mh-profile (5)  も参照して下さい。これらのオプションを指定
       すると、以下のエスケープが可能になります。

       タイプ          エスケープ  戻り値   説明
       コンポーネント  digest      string   `-digest' への引数
       関数            cur         integer  `-volume' への引数
       関数            msg         integer  `-issue' への引数

       forw は `-digest list' が指定された時は、デフォルトの メッ
       セ ー ジ・ フォームは "forwcomps" に代わって "digestcomps"
       が、デフォルトのフォーマット・ファイルは "mhl.forward"  に
       代わって "mhl.digest" が使われます。ダイジェスト形式に関し
       ては burst (1) も参照して下さい。


FILES

       /usr/local/lib/mh/forwcomps         メッセージの雛型
       あるいは <mh-dir>/forwcomps         が標準の雛型に代わる
       /usr/local/lib/mh/digestcomps       `-digest' が指定された時のメッセージの雛型
       あるいは <mh-dir>/digestcomps       が標準の雛型に代わる
       /usr/local/lib/mh/mhl.forward       メッセージのフィルタ
       あるいは <mh-dir>/mhl.forward       が標準のフィルタに代わる
       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル
       <mh-dir>/draft                      デフォルトのドラフト・ファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Current-Folder:      デフォルトのカレント・フォルダを示す
       `+folder'            デフォルトはカレント・フォルダ
       `msgs'               デフォルトは cur
       `-noannotate'
       `-nodraftfolder'
       `-noformat'
       `-noinplace'
       `-nomime'


CONTEXT

       もしフォルダが指定されれば、それがカレント・フォルダになり
       ます。転送された最初のメッセージがカレント・メッセージにな
       ります。


BUGS

       も し whatnowprocwhatnow の場合、 forwwhatnow プロ
       グラムを実際に走らせずに、内蔵の whatnow ルーチンを使い ま
       す。 従っ て、 もし自分で独自の whatnowproc を設定する場合
       に、それに whatnow という名前をつけてはなりませ ん。  forw
       はそれを起動しないからです。

       forw  は、メッセージが転送されたと注釈付けをするよう指示さ
       れた時に、そのドラフトが配送に成功するまでは、実際に注釈付
       け を 行ないません。もし、whatnowproc から、 send ではなく
       push された場合、 forw はそのメッセージが配送に成功する 前
       にファイルの順序が変わったりする(例えば、`folder -pack' す
       る)と、混乱する可能性があります。 distrepl にはこの 問
       題はありません。

       転送されるメッセージの行頭のダッシュ(`- ')をつけるのを避け
       たい場合には、 `-nodashmunging' オプションがあります。詳し
       く は MH Administrator's Guide の "Hidden Features" の章を
       参照して下さい。



[mh.6]                        MH.6.8                      FORW(1)

ABELNET VPSサービス