fontedit(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fontedit

前のページ 上に戻る 次のページ

fontedit




解説

     fontedit は、 VT220 端末のダウンライン再読み込み可能文字集合 (DRCS) を編
     集するために使われます。エディタは二つのディスプレイ領域からできていま
     す。一方は現在操作しているものを表示し、もう一方は完全な DRCS を表示しま
     す。エディタに対するコマンドはファンクションキーで与えます。

     fontedit は、コマンドライン引数として file 名を取ります。このファイルは、
     文字集合を保存するために使われます。 fontedit が立ち上げられた時にファイ
     ルが存在していれば、 DRCS を初期化するために読み込まれます。 fontedit が
     終了する時には、そのファイルに書き込まれます。

     fontedit に対するコマンドはファンクションキーの形式で与えます。現在の定義
     は以下の通りです。

     HELP     ヘルプ画面を表示します。

     F6       カーソルのある場所の画素をオンにします。

     F7       カーソルがある場所の画素をオフにします。

     F13      文字表示領域を消去します。

     Find     フォントテーブル内の現在のフォントを保存します。 DRCS 表示を更新
              します。

     Select   DRCS 表示のカーソルで選択された文字を文字領域に取り出します。

     Prev     DRCS 表示領域で一つ前の文字にカーソルを移動します。

     Next     DRCS 表示領域で次の文字にカーソルを移動します。

     Insert   現在のカーソル位置に空行を挿入します。一番下の行は失われます。

     Remove   現在のカーソル位置の行を抹消します。その位置の下の方にある全ての
              行は一つ上にシフトされます。

     Cursors  主表示領域のカーソルを動かします。

     画面が変になった場合は、 <control-L> を押してください。

     fontedit の終了には <control-D> を押してください。 DRCS は file に保存さ
     れます。 DRCS を保存せずに終了するためには、(普通は DEL になっている) 中
     断キーを押してください。


診断

     fontedit は、文字に変更が加えられた時に保存しないと警告を発します。また、
     Select を使う時のようないくつかの破壊的な能力のあるコマンドが使われた時も
     警告を発します。コマンドを実行するためには、コマンドを再発行する必要があ
     ります。


作者



ABELNET VPSサービス