finger(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

finger

前のページ 上に戻る 次のページ

finger




解説

     finger はシステムのユーザに関する情報を表示します。

     オプションは以下の通りです:

     -s    finger はユーザのログイン名、本名、端末名、端末への書き込み状態 (書
           き込みが不可の場合は、端末名の前に ``*'' が付きます)、アイドル時
           間、ログイン時間、また、オフィスの所在地と電話番号もしくはリモート
           ホスト名を表示します。 -o が指定されていた場合 (デフォルト) は、オ
           フィスの所在地と電話番号が表示されます。 -h が指定されていた場合
           は、代わりに、リモートホスト名が表示されます。

           アイドル時間の単位は、数字だけの場合は何分か、``:'' がある場合は何
           時間何分か、``d'' がある場合は何日か、です。アイドル時間が ``*'' の
           場合、ログイン時間は最後のログイン時間を示します。ログイン時間は、6
           日以内の場合は何曜日の何時何分からか、それ以上の場合は何月何日の何
           時何分からかが表示されます。もし 6 ヶ月を超えている場合は、何年何月
           何日からかが表示されます。

           アイドル時間やログイン時間がない場合と同様に、不明なデバイスは一つ
           のアスタリスクとして表示されます。

     -h    -s オプションと共に指定されたとき、オフィスの所在地と電話番号の代わ
           りにリモートホスト名を表示します。

     -o    -s オプションと共に指定されたとき、リモートホスト名の代わりにオフィ
           スの所在地と電話番号を表示します。

     -l    ユーザのホームディレクトリ、自宅の電話番号、ログインシェル、メール
           の状態、そしてユーザのホームディレクトリの ``.forward'', ``.plan'',
           ``.project'' の内容に加えて、 -s オプションの解説で述べた情報全てが
           複数行にわたる形式で出力されます。

           アイドル時間は 1 分以上 1 日以内の場合は、``hh:mm'' の形式となりま
           す。 1 日よりも大きいときには、``d day[s]hh:mm'' の形式となります。

           電話番号は、11 桁の場合には ``+N-NNN-NNN-NNNN'' と表示されます。10
           桁もしくは 7 桁の場合には、上の文字列の適切な部分として表示されま
           す。5 桁の場合は ``xN-NNNN''、 4 桁の場合は ``xNNNN'' と表示されま
           す。

           デバイスの書き込み許可がない場合、デバイス名を含む行に ``(messages
           off)'' という語句が追加されます。 -l オプションを指定すると、1 人の
           ユーザにつき 1 つの項目が表示されます。もしあるユーザが複数回ログイ
           ンしている場合には、端末の情報はその各ログインについて表示されま
           す。

           メールの状態は、全くメールがない場合には ``No Mail.''、その人が自分
           のメールボックスに届いた新着メールを全て読んでいた場合には ``Mail
           last read DDD MMM ## HH:MM YYYY (TZ)''、その人あての新着メールがあ
           れば ``New mail received ...'' や ``Unread since ...'' のように表示

     オプションが指定されなかった場合は、 finger は、対象が与えられた場合は -l
     の出力形式、与えられなかった場合は -s の出力形式をデフォルトの形式としま
     す。どちらの形式であったとしても、情報が有効でなかった場合には、そのフィ
     ールドは欠けているかもしれないことに注意してください。

     引数が全く指定されていない場合は、 finger は、現在システムにログインして
     いる各ユーザについての情報を表示します。

     finger は、リモートマシン上のユーザを調べることにも利用できます。これに
     は、 user として ``user@host'' もしくは ``@host'' と指定する形式を使いま
     す。デフォルトでは、前者は -l 形式の出力、後者は -s 形式の出力となりま
     す。 -l オプションは、リモートマシンに渡される唯一のオプションかも知れま
     せん。

     もし、ユーザのホームディレクトリに ``.nofinger'' というファイルが存在した
     場合、 finger は、そのユーザが存在していないかのように振る舞います。

     オプションの finger.conf(5) 設定ファイルを使用して、別名を指定可能です。
     finger(1)fingerd(8) が起動しますので、ローカルの問い合わせとネットワ
     ークの問い合わせの両方で有効です。


環境変数

     finger は、もし設定されていれば、以下の環境変数を利用します:

     FINGER      finger に好みのオプションがあれば、この環境変数に設定しておく
                 とよいでしょう。


関連ファイル

     /etc/finger.conf  別名定義のデータベース
     /var/log/lastlog  最後にログインした時間のデータベース


関連項目

     chpass(1), w(1), who(1), ttcp(4), finger.conf(5), fingerd(8)

     D. Zimmerman, The Finger User Information Protocol, RFC 1288, December,
     1991.


歴史

     finger コマンドは、 3.0BSD で登場しました。


バグ

     現在の FINGER プロトコルの RFC では、サーバが接続を閉じるまでクライアント
     はフルに接続をオープンする必要があります。これでは、最適な 3 パケット
     T/TCP 交換を妨げてしまいます。 (この仕様に依存するサーバは壊れています
     が、広いインターネットにはこのようなサーバが存在します。)

FreeBSD 4.4                     August 1, 1997                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス