file2c(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

file2c

前のページ 上に戻る 次のページ

file2c




解説

     file2c は標準入力からファイルを読み込み、各バイトを10進数の数字の文字列に
     変換して、標準出力に出力します。

     1番目の [string] が指定されると、 [string] を出力してから変換した文字列を
     出力します。 2番目の [string] が指定されると、変換した文字列を出力した後
     に、2番目の [string] を出力します。

     このプログラムは、バイナリなどのデータを C 言語のソースに、char[] のデー
     タとして埋め込むときに使われます。


使用例

     次のコマンド

           date | file2c 'const char date[] = {' ',0};'

     は以下の文字列を生成します。

           const char date[] = {
           83,97,116,32,74,97,110,32,50,56,32,49,54,58,50,56,58,48,53,
           32,80,83,84,32,49,57,57,53,10
           ,0};

FreeBSD 4.4                    January 28, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス