fetch(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fetch

前のページ 上に戻る 次のページ

fetch


           [-w seconds] [-h host] [-c dir] [-f file] [URL ...]


解説

     fetchfetch(3) ライブラリへのコマンド行インタフェースを提供します。目
     的は、コマンド行の URL (複数可) に示されるファイル (複数可) を取得するこ
     とです。

     以下のオプションが使用可能です。

     -1          最初にファイルの取得に成功したときに、終了値 0 を返して停止し
                 ます。

     -4          fetch が IPv4 アドレスのみを使用することを強制します。

     -6          fetch が IPv6 アドレスのみを使用することを強制します。

     -A          ``一時的な'' (302) リダイレクトを自動的には追跡しません。要求
                 したオブジェクトが存在しない場合に、発見できないというエラー
                 ではなくリダイレクトを返すという、壊れたウェブサイトが存在し
                 ます。

     -a          ソフト上での失敗の場合に自動的に転送を再試行します。

     -B bytes    読み込みバッファの大きさをバイト単位で指定します。デフォルト
                 は 4096 バイトです。バッファの大きさを小さくしようとしても、
                 黙って無視されます。実際に実行された読み込み回数は、冗長レベ
                 ル 2 以上で報告されます ( -v フラグを参照してください)。

     -c dir      遠隔ホストの dir ディレクトリのファイルを取得します。本オプ
                 ションは、価値が低下しており、後方互換性のためだけに提供され
                 ています。

     -d          プロキシが設定されていても、直接接続します。

     -F          -r フラグと組み合わせると、ローカルファイルとリモートファイル
                 の修正時刻が異なったとしても、強制的に再開します。

     -f file     遠隔ホストの file という名前のファイルを取得します。本オプ
                 ションは、価値が低下しており、後方互換性のためだけに提供され
                 ています。

     -h host     ホスト名が host にあるファイルを取得します。本オプションは、
                 価値が低下しており、後方互換性のためだけに提供されています。

     -l          目標が、ファイル形式の URL の場合、目標を複製しようとするので
                 はなく、リンクを作成します。

     -M

     -m          ミラーモード: ローカルホストにファイルが既に存在し、サイズと
                 変更時間がリモートファイル同じである場合、転送は行われませ
                 ん。 -m-r のフラグは、あいいれないことに注意してくださ
                 使用してみてください。

     -q          沈黙モード。

     -R          与えられたファイル名は大事にされ、どんな状況下でもファイル名
                 は消去されません。それは、転送が失敗もしくは不完全であった時
                 でさえさえ、あてはまります。

     -r          以前に中断された転送を再開します。 -m-r のフラグは、あい
                 いれないことに注意してください。

     -S bytes    サーバが報告するファイルサイズが、指定値に合致することを要求
                 します。合致しない場合、メッセージが表示され、ファイルは取得
                 されません。サーバがファイルサイズの報告をサポートしていない
                 場合、本オプションは無視され、無条件にファイルが取得されま
                 す。

     -s          各要求ファイルごとに、取得せずに、バイト数単位の大きさを表示
                 します。

     -T seconds  タイムアウト時間を seconds 秒に設定します。 FTP での転送に対
                 しては FTP_TIMEOUT 環境変数が、HTTP での転送に関しては
                 HTTP_TIMEOUT 環境変数が、設定されていた場合は、それを上書きし
                 ます。

     -U          パッシブな FTP を使用しているとき、データ接続用に低位 (デフォ
                 ルト) ポートを割り当てます。どのポート範囲が対応するかの指定
                 方法の詳細については、 ip(4) を参照してください。

     -v          冗長レベルを増やします。

     -w seconds  -a が指定された場合、次のリトライの前に指定した秒数だけ待ちま
                 す。


診断

     fetch コマンドは、成功時には 0 を返し、失敗時には 1 を返します。コマンド
     行上に複数の URL を指定した場合、 fetch は、それぞれを順番に取得しようと
     し、すべての取得に成功した場合のみに 0 を返します。


環境変数

     FTP_TIMEOUT   FTP 接続を中断するまでの最大時間を秒で指定します。

     HTTP_TIMEOUT  HTTP 接続を中断するまでの最大時間を秒で指定します。

     fetch(3) ライブラリの文書に記述されている環境変数は、すべてサポートされて
     います。


関連項目

     fetch(3)


歴史

     fetch コマンドは FreeBSD 2.1.5 から導入されました。本実装が最初に登場した

FreeBSD 4.4                    February 22, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス