fdwrite(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fdwrite

前のページ 上に戻る 次のページ

fdwrite




解説

     fdwrite は、複数のフロッピディスクをフォーマットし書き込みます。フォー
     マットできるフロッピディスクデバイスを使うことができます。

     fdwrite は、( /dev/tty) のユーザに新しいフロッピをいれてリターンキーを押
     すように指示します。デバイスがその後にオープンされ、パラメータが尋ねら
     れ、その後トラックがフォーマットされ、 inputfile で指定されたデータが書き
     込まれ、ベリファイされます。フロッピディスクがいっぱいになった時は、この
     仮定が次のディスクに対して繰り返されます。これは、プログラムが中断される
     か inputfile の終り (EOF) に達するまで続けられます。

     以下のようなオプションがあります。

           -v          標準出力への出力情報の状態をトグルで変更します。デフォ
                       ルトのモードは ``on'' です。はじめてデバイスがオープン
                       された後で、フォーマットが出力されます。操作の間には、
                       現在のフロッピディスクの残りのトラック数と文字 I, Z, F,
                       W, R, C,の文字が出力されます。各文字は、現在のトラック
                       に対して、入力 (I) 、ゼロで埋める (Z) 、フォーマット
                       (F) 、書き込み (W) 、読み込み (R) 、比較 (C) のそれぞれ
                       を行っていることをあらわします。

           -y          ドライブにフロッピディスクがあるかどうか問いあわせませ
                       ん。この非対話オプションはシェルスクリプトで使用するの
                       に便利です。

           -f inputfile
                       読み込むための入力ファイルです。もし、与えられていない
                       場合は標準入力が仮定されます。

           -d device   書き込むためのフロッピデバイスの名前です。デフォルト
                       は、 /dev/fd0 です。

     fdwrite は、ユーザがリターンを押すのを待っている間は device をクローズし
     ています。したがって、この時には完全にドライブを別の目的で使うことがで
     き、あとで次のフロッピの書き込みを再開できます。

     device からかえって来たパラメータは、フォーマットのために使われます。も
     し、特別なフォーマットが必要な時には、 fdformat(1) を代わりに使ってくださ
     い。


使用例

     fdwrite は、複数枚数のフロッピへの書き込みを簡単に行えるようにと考えらえ
     て作成されたツールです。そのような使用例は、以下の tar アーカイブの書き込
     みがあります。

           tar cf - . | gzip -9 | fdwrite -d /dev/fd0.1720 -v

     tar(1) のマルチボリューム機能との主要な違いは、もちろんフロッピのフォー
     マットです。フォーマットは実行中に行われるので、フロッピに対する仕事の量
     を減らすことができます。

     フロッピがおかしい時に inputfile がシーク可能であれば、ユーザにディスクを
     無げ捨て、別のフロッピを入れて、正しい場所まで戻って操作を続けるように指
     示すべきです。

     この方法は、シークできない入力に対しても同様に一時ファイルを使用すること
     で、拡張可能です。

     オプション ( デフォルトは 0) で、ユーザに失敗した時の再試行回数を尋ねるべ
     きでしょう。

     現在は、フロッピのマルチボリュームを読み戻すための適当なツールがありませ
     ん。データが圧縮されていない時には、代わりに tar(1) の様なプログラムで、
     そのような仕事を行うことができます。このような状態の時にはもちろん、いつ
     も dd(1) を信用することもできます。

FreeBSD 4.4                   September 16, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス