echo(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

echo

前のページ 上に戻る 次のページ

echo




解説

     echo は、各引数の間を 1 つの空白文字 (` ') で区切り、最後に改行 (`\n') を
     付加したものを標準出力に書き出します。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -n    改行を付加しません。これは、iBCS2 互換システムで行われていたよう
           に、文字列の最後に `\c' を付け加える事でも実現できます。

     シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの echo コマ
     ンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照して
     ください。


診断

     ユーティリティ echo は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了し
     ます。


関連項目

     builtin(1), csh(1), printf(1), sh(1)


規格

     echo ユーティリティは IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 準拠です。

FreeBSD 4.4                      July 22, 1993                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス