du(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

du

前のページ 上に戻る 次のページ

du


        [file ...]


解説

     du ユーティリティは、引数に指定された各ファイル、および引数に指定された各
     ディレクトリを根とするファイル階層内にある各ディレクトリ内のディスク使用
     統計をブロック単位で表示します。引数にファイルが指定されなかった場合に
     は、カレントディレクトリを根とするファイル階層内のブロック単位の使用統計
     を表示します。 -k フラグを指定した場合、表示は 1024 バイトブロックにて行
     います。指定しなかった場合は、 getbsize(3) が使用され、どのブロックサイズ
     を使用するかを決定します。端数となるブロック数は切り上げられます。

     オプションは以下の通りです:

     -H      コマンドラインに指定されたシンボリックリンクをたどります。階層内
             を調べている途中で見つかったシンボリックリンクはたどりません。

     -L      コマンドラインのシンボリックリンクおよび階層内を調べている途中で
             見つかったシンボリックリンクをたどります。

     -I mask
             指定した mask に適合するファイルおよびディレクトリを無視します。

     -P      シンボリックリンクを全くたどりません。これがデフォルトです。

     -a      ファイル階層内の各ファイルの情報も表示します。

     -h      「人間が読める」出力。単位のサフィックス、 Byte, Kilobyte,
             Megabyte, Gigabyte, Terabyte and Petabyte を付けます。

     -r      読めないディレクトリやオープンできないファイルといったメッセージ
             を生成します。これはデフォルトです。このオプションは、単に X/Open
             Portability Guide Issue 4 (``XPG4'') 準拠のためだけにあります。

     -s      指定したファイルのエントリを表示します。( -d 0 と等価です)

     -d depth
             深さ depth までの全てのファイルとディレクトリだけを表示します.

     -c      総計を表示します。

     -k      1024 バイト (1 キロバイト) ブロックとして報告します。

     -x      ファイルシステムマウントポイントはたどりません。

     du は、 -H もしくは -L オプションが指定されない限り、シンボリックリンクの
     大きさはリンクの参照先の大きさではなく、シンボリックリンク自身の占める大
     きさとして数えます。もし -H もしくは -L のどちらかのオプションが指定され
     た場合には、たどられた全てのシンボリックリンクの大きさは数えられず、また
     表示もされません。

     複数のハードリンクを持つファイルは、 du の実行中、1 回しか数えられず、1
     回しか表示されません。

ABELNET VPSサービス